ごまはバストアップに効果的な栄養が含まれているとされています


バストアップに必要なのは、女性ホルモンです。
そして女性ホルモンの分泌や、分泌された女性ホルモンをバストへと作用させるのに必要な栄養素が、ごまには含まれています。

ごまに含まれる鉄分は、貧血の予防とともに黄体機能の維持に非常に重要です。
またビタミンEは体内の血液循環には大切な成分であり、分泌された女性ホルモンをバストへと作用させるために重要な働きをします。

ごまに含まれる栄養素はバストアップに必要なものです

ごまに含まれる栄養成分にはカルシウム、ビタミンB1、食物繊維、鉄分、そしてビタミンEがあります。
このうち鉄分とビタミンEは、バストアップに必要な栄養素です。

鉄分は血液中で酸素を全身に運ぶヘモグロビンの主成分です。
この鉄分が不足すると鉄欠乏性貧血となりますが、この貧血が女性ホルモンの成分であるコレステロールと関係していると言われています。

貧血がある方では、体内コレステロール値が低下すると言われていて、女性ホルモン生成へも影響を及ぼします。
ビタミンEは、アンチエイジング作用をもつ栄養素として知られています。

またホルモンバランスの調整や血行の促進、改善にも効果があるとされています。
つまり女性ホルモンのバランスを整えることでバストアップに効果をもたらすとともに、血行を良くしてバストへ十分に女性ホルモンや脂質を送り届けることにもつながります。

このようにごまにはバストアップに必要な栄養が含まれているため、意識的な摂取が効果的と言えるでしょう。

バストは女性ホルモンの作用でサイズアップします


バストアップの仕組みを説明する上ではバストの構造について知る必要があります。
バストは、母乳(乳汁)を作り出す乳腺、できた母乳を乳首へと通す乳管、それらを保護するかのように周囲を覆う脂肪、そしてそれらを胸の筋肉に固定するクーパー靭帯でバストは構成されています。

このうち乳腺細胞の増殖には女性ホルモンのエストロゲンが関与しており、乳腺細胞の発達にプロゲステロンが関係しています。
脂肪組織は、バスト全体のきれいな膨らみや形づくりに重要です。

ダイエットをするとバストが小さくなってしまうことがあるのは、この脂肪細胞が減少してしまうことに由来します。
バストへ女性ホルモンや脂肪を送り込むには、血流やリンパの維持が重要になります。

そのためきつすぎるブラをしているとバストが圧迫され、血流もリンパも滞ってしまいます。
その他の理由でもバストへの血流が制限されることがあり、これにごまに含まれるビタミンEが効果を発揮します。

さらに血流は乳腺にとって必要な栄養素を送り込むことにも関わっています。
乳腺発達に必要な女性ホルモンも血流によってバストへ運ばれます。

そのため血流の制限はバストアップには大敵なのです。
このようにバストアップにはバストへの血流維持が不可欠なのです。

バストマッサージはバストへの血流を改善します

バストの血流やリンパの流れを良くするためには、バストマッサージも効果的です。
たとえば腕や脚の筋肉であれば、筋肉の収縮や緩みが血液の流れを促進するポンプの役目を果たします。

座りっぱなしの状態では腕や脚には血流が滞り、浮腫みが起こりますが、筋肉が働けばこの浮腫みは解消されます。
しかしバストには筋肉は存在しないので、筋肉と同様の効果をもたらすマッサージが有効なのです。

マッサージを行うのは、バストだけではありません。
バストからの血液などを心臓へ戻すのは、血管のほかにリンパもあります。

このリンパの流れが滞ると、バストへ流れ込む血液も停滞してしまいます。
そのためわきの下にあるリンパ節をマッサージすると、バストからのリンパの流れが促進され、バストの血行も良くなるのです。

また形の合わないブラをしていると、バストの形が不良となるだけではなく、血行にもムラがおこったり、本来バストになるべき脂肪が他の部分へ流れてしまったりすることもあります。
そのような状態が長く続くと、移動してしまった部分で脂肪が硬くなるほか、周囲の組織と癒着してしまうこともあります。

バストマッサージはこの脂肪を、本来あるべきバストへと戻すことにも作用します。
このようにバストマッサージはバストアップにつながるさまざまな作用を持っているのです。

(まとめ)ごまはバストアップに効果がある?

1.ごまはバストアップに効果的な栄養が含まれているとされています

バストアップには女性ホルモンが重要ですが、この女性ホルモンの生成には、ごまに含まれる鉄分が大切とされています。

また女性ホルモンをバストへと運び作用させてバストアップをはかるために、ごまに含まれるビタミンEが大切な働きをします。

2.ごまに含まれる栄養素はバストアップに必要なものです

ごまに含まれるビタミンEは、血行促進やホルモンバランス調整をはかる作用を持っています。

また鉄分は貧血予防に重要ですが、女性ホルモンの主成分であるコレステロールの体内濃度にも影響を及ぼします。

3.バストは女性ホルモンの作用でサイズアップします

バストにある乳腺は血流によって運ばれる女性ホルモンによって発達します。

またバストの脂肪も同様に血流によって運ばれます。
バストアップにはバストへの血流がとても重要なのです。

4.バストマッサージはバストへの血流を改善します

バストマッサージをすることで、バストの血流とリンパの流れを改善します。

またバスト周囲の本来バストに入るべき脂肪をバストへ戻し、バストアップへとつなげます。
バストマッサージはバストアップの効果をもたらします。