安全なバストアップの方法は食事、運動、適切な下着の使用です


バストアップに必要なのは、ホルモンバランスを整えるための食事、バストへの血行を良くするための運動、そしてバストを適切な状態に保持するための下着の着用です。

血液の流れを良くするために、毎日適度な水分の補給や、血行を良くする栄養素の摂取が大切です。

また、運動することで血行が良くなるだけではなく、筋肉の働きでリンパの流れも良くなります。

さらに、本来バストに収まるべき脂肪をきちんとバストに留め置くために、適切な下着を使用し、その着用方法にも気を配りましょう。

バストアップには必要な栄養素の摂取と運動が基本です

バストは主に、乳腺と乳腺でできた母乳(乳汁)を流す乳管、そして脂肪でできています。

そのため、乳腺発達に必要な女性ホルモンを乳腺へ届けること、加えてバストへ脂肪を送るために、必要な栄養を摂取し血液に載せて送り届けることが大切です。

バストアップに欠かせない脂肪は、食事での脂肪摂取と同時に、それを肝臓で代謝するためのビタミンなどの栄養素が大切です。

その上で、サラサラと流れる血液でバストまで届けることも重要となります。

バスト自体には筋肉は存在しないため、体全体の血行を良くすることによってバストへ血液を送り込むことが必要です。

そのために、全身の血行を良くしてくれる運動はとても良い方法です。

血液の流れを良くしてくれるものには、ビタミンEの存在、さらには水分があります。

血液は60%以上が水分でできています。

ですから、水分不足は血流を滞らせ、バストへの血流も悪くなりがちです。

水分と共に摂取したいのが、ビタミンEです。

ビタミンEは、血流促進に効果があるとされています。

このように、バストアップには、栄養の摂取と運動は欠かせないものなのです。

適切な下着選びもきれいなバストには大切です


バストを適切な位置に適切な状態に置くためには、バストの形状やその重みを支えるために適切なブラを選ぶことが重要です。

胸囲を測っただけで選んだ下着では、バストの形を十分には保持しきれない場合もあります。

きついブラをつけると確かに谷間はできますが、ブラによる圧迫で血行が悪くなり、バストアップを阻害してしまいます。

これとは逆に緩いブラを選ぶと、本来バストに収まるべき脂肪がバストより下や外側へ流れてしまいます。

バストは脂肪組織と乳腺、乳管で構成されていますが、実はその奥に胸の筋肉があります。

特に大きいのは大胸筋で、この筋肉の上にバストは乗っている状態です。

乳腺や脂肪組織はクーパー靭帯と呼ばれるもので支えられていますが、実はこの大胸筋も大切な働きをしています。

加齢などの影響で大胸筋が委縮すると、バストは元あった位置を保つことができず、重力に引かれて下へ下がっていきます。

また、バストにブラを付けない状態を長く続けると、バストの重みで大胸筋やクーパー靭帯が常に引き伸ばされた状態になります。

そうなると、大胸筋を覆う筋膜が緩んでしまったりバストより上、デコルテの皮膚が伸ばされたりするため、バストが下へ下がってしまうのです。

このように、下着選びはバストアップにとってまた、きれいな形のバストをつくる上でとても大切なのです。

大豆製品を食べることとバストマッサージも有効です

バストアップには、女性ホルモンが欠かせません。

この女性ホルモンには、エストロゲンのプロゲステロンがあります。

大豆に含まれる大豆イソフラボンは、エストロゲンに構造が似ているとされています。

そのため、大豆製品を積極的に利用することでエストロゲンによる効果を多く受け取ることができると言えるでしょう。

乳腺の増殖と発達に女性ホルモンは欠かせないことはもちろんです。

それに加えて、女性ホルモンは皮下脂肪を増やして女性らしい体つきにする作用も持っています。

バストアップには乳腺発達とともに脂肪がつくことが必要ですから、女性ホルモンの分泌とバストへの供給が必要です。

女性ホルモンの分泌や栄養の供給のためにはバストマッサージが効果的でしょう。

バストマッサージはバストの血管を圧迫したり緩めたりすることで、血液の循環を良くします。

同時に、リンパの流れも良くして、老廃物などをバストから押し流してくれます。

リンパの流れが滞るとバストで血行不良が起こります。

ですから、バストと共にバストからのリンパを一旦集める脇の下にある脇かリンパ節も同時にマッサージすることで、リンパの流れがさらに良くなっていきます。

このように、バストアップには大豆製品の摂取と、血行促進のためのバストマッサージが効果的なのです。

(まとめ)安全なバストアップの方法とは?

1.安全なバストアップの方法は食事、運動、適切な下着の使用です

バストアップには、血行を良くするための栄養素の摂取と水分補給を心がけ、また運動も血行促進に効果があります。

その上で、適切な下着を選び、その着用方法にも気を配ることも大切です。

2.バストアップには必要な栄養素の摂取と運動が基本です

バストアップには、ビタミンEや脂肪のような栄養素の摂取が大切です。

加えて、これをバストへと運ぶための血液の流れも大切となり、水分の摂取やビタミンE、さらに全身的に血行を促してくれる運動もとても重要となります。

3.適切な下着選びもきれいなバストには大切です

きついブラではバストを圧迫してしまい、バストの血行不良を起こしバストアップには不適切です。

また緩いブラではバストの脂肪組織が落ち着かないばかりでなく、バストの下にある大胸筋に負担をかけ、後にバストが下がる原因にもなります。

4.大豆製品を食べることとバストマッサージも有効です

バストアップに欠かせない女性ホルモンと構造が似ている大豆製品を取ることで、乳腺の発達や脂肪の定着が図られ、バストアップ効果を得ることができます。

また、それらを享受するために、血液とリンパの流れを良くするマッサージの併用が有効なのです。