40代からの育乳はリンパの流れが大切です


40代からはリンパの流れが悪くなり、老廃物が溜まりやすくなることによって、栄養も流れにくくなってきます。

栄養が流れにくくなるということは、バストにも必要な栄養が届きにくくなっている状態なので、流れを良くしていくことが大切になってきます。
リンパの流れは主にマッサージなどで促進することができるので、ぜひ習慣づけてみましょう。

マッサージでリンパの流れを良くしましょう

リンパの流れを良くする方法に、マッサージがあります。
リンパの流れを良くすることで、老廃物が溜まりにくくなることはもちろんのこと、自律神経が整い、血行が良くなって冷え性の解消などの効果が期待できます。

リンパは体中に流れていますが、バストアップに効果のある大きなリンパは、鎖骨・バストの上下部分・脇の下・腹部・二の腕・肩甲骨の下にあります。
それぞれのリンパをマッサージすることで、バストに栄養が届きやすくなり、乳腺が刺激される関係できれいに脂肪がつきやすくなるといわれています。

マッサージは力を入れすぎず、ゆっくり優しくさする程度の力でおこなうようにしましょう。
またやりすぎてしまうとかえってバストの脂肪が減ってしまうこともあるので、毎回5分程度で終わらせるようにしましょう。

リンパマッサージは、入浴後など体が温まっているときにおこなうとより効果的です。
市販されているバストアップクリームや、保湿クリームも併用することで、保湿効果や、香りによるリラックス効果も得ることができます。

運動と水分でリンパの流れを促進しましょう


リンパの流れを改善するためには、運動と水分という二つの要素が重要になります。
それぞれの要素について、以下で詳しく説明しましょう。

適度な運動

血管とは違い、リンパにはポンプのような機能がなく、呼吸や筋肉を使って流れる仕組みになっています。
そのため運動不足の状態だとリンパの流れは悪くなり、流れが滞ることになります。

簡単なストレッチをおこなうだけでも効果があるので、デスクワークの合間などに伸びをおこなうなどを心がけてみましょう。
また汗をかく運動は新陳代謝を上げ、循環機能も高めるため非常に効果的です。

水分補給

リンパは血液の流れに合わせて流れますが、水分が不足していると血液はドロドロになって巡りが悪くなり、必然的にリンパの流れも悪くなります。
食事からの摂取を含めて、1日1.5リットルを目安に水分を補給するように心がけましょう。

補給の際に一度に大量に摂取すると、消化液が薄まってしまったり体が疲労してしまったりするので、こまめに分散して摂るようにしましょう。
また運動中はもちろんですが、就寝中や入浴中にも無意識のうちに汗をかいているため、水分が失われます。

就寝の前後、入浴の前後にそれぞれコップ1杯分の水を飲むことで、足りない分を補給することができます。

生活習慣も大切です

リンパが滞る原因としては、運動不足や水分不足の他にもさまざまなものが挙げられます。

ストレス

ストレスが溜まっていると、自律神経の働きが悪くなり、血流や筋肉の働きも悪くなります。
加えて、女性ホルモンの分泌にも悪い影響を与えるので、ストレスは溜め込まずに発散するよう心がけましょう。

猫背

背中が丸まり、頭が前に出る姿勢の猫背は、頚椎を圧迫してリンパ管の機能を滞らせます。
他にも、血行が阻害されることによって体の冷えや、頚椎が圧迫されることによる自律神経の乱れなどが生じます。

正しい姿勢を意識するだけでも背筋は伸びやすくなるので、日頃から意識するようにしましょう。
立っていることで背筋を刺激することができるので、座っている時間を減らすことも効果的です。

リンパは全身にあるため、部分的に流れを促進するのではなく、全体の流れを促進することでより一層高い効果を得ることができます。
マッサージや運動だけでなく、日々の生活習慣から、リンパの流れやすい体を作っていきましょう。

体調が悪いときや風邪気味のときは、マッサージなどのリンパの流が促進される行動は控えるようにしましょう。
リンパにはウイルスなどの病原菌を捕まえる働きがありますが、そこで流れが促進されてしまうと病原菌が全身に行きわたってしまい、悪化させてしまう場合があります。
無理をせずに、しっかりと休むことが大切と言えるでしょう。

(まとめ)40代からの育乳の方法とは?

1.40代からの育乳はリンパの流れが大切です

40代からはリンパの流れが悪くなることで、老廃物が溜まりやすくなります。

老廃物が溜まっていると、バストにも必要な栄養分が届きにくくなるので、リンパの流れを良くすることが大切になってきます。

2.マッサージでリンパの流れを良くしましょう

リンパをマッサージして流れを良くすることで、老廃物が溜まりにくくなることに加えて自律神経が整うなどの効果が期待できます。

入浴後など体が温まっているときに、上半身のリンパをゆっくりとさする程度の力で5分程おこなうのが効果的です。

3.運動と水分でリンパの流れを促進しましょう

リンパは呼吸や筋肉を使って流れる仕組みになっているため、運動不足の状態だと流れが悪くなってしまいます。

水分が不足している状態も、流れが悪くなる原因になるので、1日1.5リットルを目安にこまめな水分補給を心がけるようにしましょう。

4.生活習慣も大切です

リンパは全身にあるため、バストアップに効果的な部分ばかりを促進するのではなく、全身の流れを促進することでより高い効果を得ることができます。

マッサージや運動だけでなく、日常生活からリンパの流れやすい体を作っていきましょう。