女性ホルモンは乳腺を刺激しバストアップを促すため育乳には分泌の安定が不可欠です


女性ホルモンが乳腺へ刺激を与えることによりバストの脂肪が増えてバストアップするため、女性ホルモンの分泌を整えることが大切です。

そのために乳腺マッサージをご自分で行うほかに、生活習慣改善のポイントとして大豆製品を取ることや睡眠不足を避けること、ストレス解消に取り組みましょう。

またオールハンド育乳マッサージはプロが乳腺やリンパへの刺激を行い、さらにお肉が動きやすいよう柔らかくするので効率良くバストアップが目指せます。

乳腺が女性ホルモンの刺激を受けてバストを大きくしようとします

バストの脂肪が増えてバストアップするためには、乳腺に刺激を与えることがポイントで、妊娠すると乳腺へ女性ホルモンが作用してバストの脂肪が増え、大きくなるようにします。

ではこの働きは妊娠中のみに起こるのかと言えばそうではなく、妊娠していなくても乳腺に刺激を与えることで女性ホルモンが働きかけるようになり、バストアップが目指せるのです。

自分で行う乳腺マッサージ

ご自宅でできるセルフケアとして乳腺マッサージが2種類あり、1つ目は左手を右脇の下へ置き、バストの下の方を通って谷間、さらにデコルテへと向かってなであげ、この流れを反対側でも行いましょう。

そして2つ目は左手を右バストの上に置き左のバストへ、右手は右バストの下から谷間の中央へ向かってなでていき、さらに反対側でも行います。

この2種類のマッサージを1回として10セットほど行うことがおすすめです。

入浴中やお風呂あがりに行う

セルフケアの乳腺マッサージに取り組むタイミングは、血行促進されお肉が柔らかくなっている入浴中やお風呂あがりがおすすめです。

手の滑りをよくするために、オイルやクリームを使ってもよいでしょう。

女性ホルモンの分泌を整える生活を送りましょう


女性ホルモンの分泌がスムーズに行われていることも育乳するために欠かせません。

そのため、影響が大きいとされる生活習慣の改善を行いましょう。

大豆製品を適度に取る

大豆に含まれるイソフラボンは植物性エストロゲンとも呼ばれ、女性ホルモンを補う働きがあるといわれています。

そのため適度に大豆製品を継続して取ることにより、女性ホルモンのバランスを整える役に立つのです。

またイソフラボンさえ取っていればよいのではなく、甘い物を取りすぎない・栄養バランスの良い食事を心がける・インスタント食品を控えるなども心がけましょう。

睡眠不足にならない

睡眠不足は体に負担をかけ、ホルモン分泌など代謝を整える成長ホルモンの分泌にも影響してしまいます。

そのため夜更かししすぎないようにし、早く寝られる日は早めに休むようにしましょう。

また寝る直前のパソコンやスマホの使用をやめることも睡眠の質を高めるために役立ちます。

ストレス解消する

女性ホルモンの分泌を乱す原因にはストレスが大きく関わっているため、日頃からストレス解消しておくようにしましょう。

例えば体を動かすことは血行促進と気分転換になり、バストへ栄養が届きやすくなることからもおすすめの方法で、まずはウォーキングから始めてみてはいかがでしょうか。

運動が難しい時や仕事の合間に行うストレス解消法として、ガムを噛む・笑顔をつくる・パソコンやスマホから離れるといった方法もあります。

バストを育乳マッサージで刺激しバストアップを目指す方法があります

女性ホルモンの分泌がスムーズになることを目指した生活習慣に切り替えたら、合わせてオールハンド育乳マッサージを受けてはいかがでしょうか。

オールハンド育乳マッサージはプロがサロンで行う施術で、バストを揉みほぐすことによりリンパや乳腺を刺激してバストアップを目指すというものです。

そしてバストに限らずその周辺の肩・背中・二の腕・脇の下まで丁寧に手のひらで揉みほぐすので、柔らかくしたお肉をバストへ流しサイズアップを図ることも期待できます。

女性の中でも、デスクワークが多かったり子育てで抱っこをよくしていたりすると肩や背中がこってしまいがちですが、オールハンド育乳マッサージでよくほぐされることにより、肩や背中のこり解消にも役立ちます。

つらいこりが解消されるとストレス解消にもなるため、女性ホルモンの分泌改善にもつながっていくでしょう。

(まとめ)育乳には女性ホルモンが大きく関係するの?

1.女性ホルモンは乳腺を刺激しバストアップを促すため育乳には分泌の安定が不可欠です

乳腺へ女性ホルモンの刺激が加わるとバストアップの作用が起きるため、ご自分での乳腺マッサージはおすすめです。

他にも女性ホルモンを整える生活習慣を心がけ、さらにオールハンド育乳マッサージを受けて効率良くバストアップしましょう。

2.乳腺が女性ホルモンの刺激を受けてバストを大きくしようとします

バストアップを目指した育乳には乳腺の刺激が必要ですが、セルフケアで乳腺に刺激を与える方法があります。

ご自分で乳腺マッサージを行う時は、入浴中やお風呂あがりに行い、オイルやクリームを使うとスムーズに取り組みやすくなります。

3.女性ホルモンの分泌を整える生活を送りましょう

女性ホルモンがスムーズに分泌されるために、生活習慣を改善しましょう。

そのポイントには、大豆製品を適度に取ることや睡眠をしっかりと摂ること、日頃からのストレス解消を心がけることなどがあります。

4.バストを育乳マッサージで刺激しバストアップを目指す方法があります

女性ホルモンの分泌を整える生活習慣へ改善すると共に、オールハンド育乳マッサージを受けてみましょう。

スタッフが手のひらでバストやその周辺を丁寧に揉みほぐして刺激を与え、柔らかくなったお肉をバストへ流すことも期待できます。