ピンポイントにバストの脂肪を増やせる育乳が理想的です


バストの脂肪を増やしたいからといって、脂肪分を多く含む食事をたくさん摂れば良いのかといえばそうでもありません。

ピンポイントにバストの脂肪だけを増やせる方法こそが、理想的な育乳といえます。

そのためにはバストがどのようなメカニズムで成長するのかを知って、正しいやり方で実践する必要があるでしょう。

たとえば、バストを作るもととなるたんぱく質や女性ホルモンの活発化を促す大豆製品の摂取などはおすすめです。

マッサージを利用して、外から育乳にアプローチするというのも良いでしょう。

育乳を考える上で脂肪はとても重要です

バストは、主に4つの要素で構成されています。

そしてその中でも大部分を占めているのが、脂肪です。

脂肪はバスト全体の約9割ともいわれているため、育乳を考える上で脂肪について着目することは重要なことと言えるでしょう。

バストの残り1割は、乳腺という母乳を作るための部分となっています。

この乳腺を増加させることでもバストアップは期待できるので、軽視できません。

乳腺は女性ホルモンの分泌量が増えることで発達させることができるため、女性ホルモン活性化に適したケアが大切になります。

4つの要素の内、残り2つは、大胸筋とクーパー靭帯になります。

前者の大胸筋は脂肪と乳腺の土台になる部位で、後者であるクーパー靭帯はふくらみを支えるための部位として役割を担っています。

脂肪と乳腺が多く、バストにしっかりとした重量があっても、垂れていたり左右に広がったりしていれば、見栄えが良いとは言えません。

そのため、美しいバストを作る上では、これら2つの要素も欠かせないポイントとなってくるのです。

バストをつくる4つの要素とその重要性については、育乳のためにも覚えておく必要があるでしょう。

食事を工夫することでバストの脂肪増加を促せます


バストの脂肪を増やしたいなら脂肪分を多く摂れば良いかといえば、そうでもありません。

確かにバストの約9割を脂肪が占めていますが、体の一部に他ならないので、体の組織を構成するための栄養素をしっかり摂ることが重要となってきます。

おすすめの食事は、たんぱく質を多く摂れるメニューです。

たんぱく質は、骨や筋肉、皮膚といった体の基本的な組織をつくる上で欠かせない栄養素です。

そのため、育乳をおこなう際にも有効といえるでしょう。

たんぱく質が豊富に摂れる主な食材としては、肉・魚・乳製品・卵・大豆製品が挙げられますから、これらの食材を意識的に摂ってみると良いでしょう。

また欠かせないのが、女性ホルモンの活性化を促す食事です。

乳腺を発達させるほか、脂肪量を増やす上でも効果的に働いてくれます。

こちらは、女性ホルモンエストロゲンに似た成分、イソフラボンを多く含む豆や大豆製品を多く摂ると良いでしょう。

具体的な食べ物としては、豆腐や納豆、豆乳などが挙げられます。

たんぱく質もまた女性ホルモン増加に深くかかわる成分なので、たんぱく質と豆製品をバランス良く摂れると効果的です。

その点、両方の特徴を備える大豆製品は、特に理想的といえるでしょう。

マッサージによる育乳も脂肪を増やす上で有効です

体を成長させる方法としては、やはり食事が基本のように感じられるかもしれません。

ですが、実は外的なケアをおこなうことでも育乳が促せます。

たとえば育乳マッサージを利用する方法は、バストやその周囲に適切な刺激を与えることで、スムーズなバストアップ効果を期待できます。

たとえば、体のバスト以外の脂肪を寄せてくるマッサージです。

まず、二の腕の肘に近い位置を、もう片方の手でぎゅっと掴んでください。

そしてそのまま、チューブを搾るようにバストの方へ脂肪を寄せていきます。

少し痛いぐらいでも、問題ありません。

最後に、もってきた脂肪をぎゅっとバストに押し込んで、軽く形を整えます。

継続的におこなうことで、育乳と二の腕のダイエットが同時におこなえます。

また、育乳マッサージをサービスとして扱うエステサロンに通うという方法はおすすめです。

プロの手によって安全かつ効果的な施術をおこなってもらえるので、個人でやる以上に効果が期待できます。

新陳代謝の活性化やリラックス効果も得られるため、ストレス発散や体調や体質の改善にも効果的でしょう。

(まとめ)バストの脂肪を増やして育乳するための方法とは?

1.ピンポイントにバストの脂肪を増やせる育乳が理想的です

バストの脂肪を増やすためには、ただ脂肪分を多く含む食事をたくさん摂れば良いというわけではありません。

バストアップのメカニズムやコツ、効果的な食材などについて知り、正しいやり方で実践しましょう。

2.育乳を考える上で脂肪はとても重要です

バストは、約9割が脂肪で構成されているといわれています。

そのため、育乳において脂肪量を意識することはとても重要です。

またその他、乳腺、大胸筋、クーパー靭帯も大事な役割を担っています。

3.食事を工夫することでバストの脂肪増加を促せます

育乳には、体をつくる栄養素であるたんぱく質、そして女性ホルモンの活性化を促すイソフラボンを含む製品が効果的です。

バストの成長を促し、さらに乳腺や脂肪の増加に繋げられます。

双方の特徴を兼ね備える豆製品は、特に効果的といえるでしょう。

4.マッサージによる育乳も脂肪を増やす上で有効です

育乳をおこなう方法は、食事だけに留まりません。

外的なマッサージもまた、効果的な方法として役立てられます。

プロに任せる方法から、個人でできるものまであるので、都合に合わせて取り入れてみてください。