女性ホルモンの分泌に関するツボもあるため、刺激することで胸を大きくするための効果が期待できます


ツボには胸を大きくするのに効果的なものもあり、具体的には女性ホルモンの分泌を活性化させるツボになります。
胸を大きくするには、女性ホルモンにより乳腺を発達させなければならないと言われています。

そのため女性ホルモンの分泌を助けるツボを押して、ホルモンの分泌を活発化させることで胸を大きくする効果も期待できるのです。
ツボを刺激することは日常生活の中でも可能ですし、道具などは必要ありませんから、やってみて損はないと言えるでしょう。

女性ホルモンの分泌などをサポートするツボもあります

胸を大きくしたいと考えるのであれば、ツボ押しを利用するという方法も効果が期待できると言われています。
ツボ押しと言えば東洋医学の分野ですが、東洋医学において人間の体には経穴というツボと経路があり、何かしらの問題で経路の流れが滞ってしまうと、健康面でトラブルが生じるといわれています。

その流れを正常な状態にするためにツボを刺激するというのが、ツボ押しのそもそもの考え方です。
しかしどうしてこのツボ押しが胸を大きくするのに役立つのでしょうか。

胸を大きくするためには、女性ホルモンの分泌が欠かせません。
身体のツボの中にはそんな女性ホルモンの分泌を助けるツボがあり、それらのツボを刺激してあげることで結果的にバストアップにつながるといえるのです。

また血流をよくすると体の中の巡りがよくなり必要な栄養やホルモンが行き届くので、そのようなツボを押すことで健康的で美しいバストを作ることにもつながってきます。
さらに特別な道具が必要ないという部分もツボ押しの魅力の一つです。

膻中や渕腋などのツボを押してみましょう


バストアップが期待できるツボは一つだけではなく複数あります。
たとえば壇中(だんちゅう)というツボは、胸の谷間の少しくぼんだ所にあります。

左右の乳首を線で結んだ真ん中当たりを押し、痛みを感じる部分を探してみましょう。
このツボを押すことにより女性ホルモンの働きにアプローチができると言われています。

指を当ててて徐々に強くしていき3秒程度を意識して押してみましょう。
3秒経過したら力を抜いて指を離してください。
これを5回程度行うとよいでしょう。

また渕腋(えんえき)というツボは胸の張りによい影響を与えると言われています。
場所は乳首を基準とし、10センチ程度外側の脇の下に位置しています。
軽く押して痛みがある場所を探してみましょう。

渕腋は左右同じ場所にあって、親指を使い両方同時に押すのがポイントです。
胸の張りだけではなく血流にもよいと言われています。
ただ手軽にできるツボ押しですが、あまり過剰にやると悪影響が出る可能性もあるので注意しましょう。

体の調子が悪い時のツボ押しは控えた方がよいです

ツボの押し方についてもさまざまな方法があります。
一般的には3~5秒間を基準にして息を吐きながら押し、離す時は息を吸いつつゆっくり離すのがコツです。

またお風呂上がりなど体が温まっている状態で押すのがおすすめです。
もちろんお風呂に入りながら押すのもよいでしょう。

ただあまりに調子が悪い時や疲れている時などは止めた方がよいです。
またお酒を飲んでいる時は血流が良くなりすぎているため、悪影響が出る可能性もあるので控えた方がよいでしょう。

その点を注意しながら美しく大きな胸を作るためには日頃からツボを押すと効果的です。
しかし大きく美しい形の胸を作るためには、ツボ押しだけではなかなか難しい面もあります。

そんな時は、専門サロンのバストマッサージを受けるとよいでしょう。
背中や二の腕に流れている贅肉を胸へ流すような施術もあるのでおすすめです。
マッサージをしているような気分で気軽に行えるので、バストアップとともにストレス解消を目的に行ってみるのもよいでしょう。

(まとめ)胸を大きくするツボなんてあるの?

1.女性ホルモンの分泌に関するツボもあるため、刺激することで胸を大きくするための効果が期待できます

胸を大きくするためのツボとして、女性ホルモンの分泌をサポートするものが挙げられます。

女性ホルモンを分泌させてあげることで、乳腺を発達させバストアップへつなげられると言えます。そのためにも、ツボを押すことは効果的です。

2.女性ホルモンの分泌などをサポートするツボもあります

東洋医学で良く知られているツボには、胸を大きくするのに効果的なものもあります。

具体的には女性ホルモンの分泌を活性化させるツボや、血流を良くするツボなどです。
これらのツボを押すことで結果的にバストアップにつながるといわれています。

3.膻中や渕腋などのツボを押してみましょう

胸を大きくしたい人が期待できるツボとして、壇中や渕腋が知られています。

壇中は女性ホルモンの働きに、渕腋は胸の張りによい影響を与えると言われているのです。
ただ押しすぎると悪影響が出る可能性もあるので適度に行いましょう。

4.体の調子が悪い時のツボ押しは控えた方がよいです

ツボ押しをするなら、血流が良くなるお風呂中や、お風呂上がりがよいでしょう。

また体調があまり良くない時などは、思わぬトラブルにつながるので控えた方がよいです。
血流を考えるとツボと並行してバストマッサージを行うのもおすすめです。