胸を大きくするには女性ホルモンが重要です


女性ホルモンにはエストロゲンとプロゲステロンの2種類があり、とくにエストロゲンはバストを発達させるなど、女性らしい体を作る作用があるため、育乳には欠かせない存在です。

しかし女性ホルモンはストレスや食事など日常生活の影響を受けやすいため、それにより分泌量が左右されてしまったり、ホルモンバランスが乱れてしまったりすることがあります。
またエストロゲンの分泌量は加齢とともに減っていくといわれており、分泌の促進も重要になってきます。

生活習慣を見直しましょう

女性ホルモンは日常生活の影響を受けやすく、それによってホルモンバランスの乱れが生じてしまいます。
中でも生活の基本となる食事・運動・睡眠は、バストアップにおいても大切です。

食生活

1日3食規則正しく、栄養バランスの取れた食事を心がけましょう。
栄養バランスが偏ると、ホルモンバランスの乱れの原因となります。
主食・主菜・副菜・汁物の和定食を参考にして、献立を考えてみましょう。

適度な運動

ホルモンは血流やリンパの流れに乗って体内を巡りますが、運動不足の状態だと血行が悪くなり、それによってホルモンの巡りも悪くなります。

運動といっても、激しいものを取り入れる必要はありません。
ウォーキングやストレッチなど、息が上がらない程度の運動を取り入れてみましょう。

良質な睡眠

良質な睡眠にはホルモンバランスを整えたり、成長ホルモンを分泌したりする効果があるため、バストアップには大切な要素です。
良質の睡眠と血行には深い関係があるといわれており、就寝前に体を温めておくことで質のよい睡眠を取ることができます。

就寝前には、入浴や温かい飲み物で、体を温めるようにしましょう。
また就寝前の軽い運動は、血行促進に加えてストレス発散にもなるため、非常に効果的といえます。

女性ホルモンに悪影響の習慣を正しましょう


女性ホルモンは加齢とともに減少していくため、分泌の促進と活性化も重要な課題です。
ここでは、女性ホルモンに良くない生活習慣を見ていきましょう。

タバコ

タバコに含まれているニコチンは、女性ホルモンを作るための酵素の働きを低下させ、分泌量を減少させます。
さらにエストロゲンを早く失活させてしまうため、働きを弱くしてしまいます。

エストロゲンの働きが弱いと、バストが育たないばかりではなく、肌や髪のツヤがなくなったり、シミができやすくなったりするため、女性にとってあまりよいことではありません。
バストを大きくしたいと考えている喫煙者の方は、すぐにタバコをやめるべきといえるでしょう。

過剰なアルコール

多すぎるアルコールの摂取は、ホルモンバランスの乱れや睡眠の質の低下を引き起こします。
ほろ酔い程度に、人と会話をしながら楽しくお酒を飲む分には、ストレスが軽減されてよい効果がもたらされることもあります。

しかし大量のお酒を飲んでストレスを誤魔化そうとする行為も逆効果で、睡眠の質が下がってしまい、結果ホルモンバランスは乱れたままストレスも緩和されません。

睡眠の質を下げないためには、規則正しい生活を心がけ、就寝する3時間前には飲酒をやめるようにしましょう。
量も1日1杯程度に留め、週に2日間程度の休肝日を設けることがおすすめです。

バストアップによい習慣を取り入れましょう

ホルモンバランスが安定する生活の中に、バストアップのための習慣を取り入れましょう。
ここではバストアップに効果的な、食事、ストレス発散、マッサージの3種類の習慣を紹介します。

大豆製食品を取り入れた食事

大豆製食品に多く含まれているイソフラボンは、エストロゲンと似た働きをするため、摂取することでホルモンバランスを整え、バストアップの効果を期待できます。
毎食1品大豆製食品を取り入れる、豆乳を飲むなど、自身に合った形で大豆製食品を摂取するようにしてみましょう。

しかし摂取のし過ぎはかえって逆効果になることがあります。
イソフラボンの摂取量は1日75㎎を上限として考えて、調整しましょう。

ストレス発散

私たちはストレスを感じると、体内で抗ストレスホルモンが分泌されます。その状態が慢性化してしまうと、男性ホルモンが刺激され、結果ホルモンバランスの乱れが生じてしまうのです。

それを防ぐためには、ストレスの発散が大切になってきます。
趣味に没頭したりするなど、自身に合ったストレス発散の方法を見つけて、溜め込まないようにしましょう。

マッサージ

女性ホルモンや栄養がバストに行き渡るように、バストとその周辺をマッサージする習慣を取り入れましょう。
入浴後など体が温まっているときに、バストアップクリームなどを使用して毎日5分ほど行うだけでも効果が期待できます。

また育乳マッサージ専門のサロンを訪ねてみるのもおすすめです。
サロンを訪れることで、プロの施術を受け、マッサージのコツなどを教えてもらうことができます。

生活習慣を見直しましょう

女性ホルモンは日常生活の影響を受けやすく、それによってホルモンバランスの乱れが生じてしまいます。
中でも生活の基本となる食事・運動・睡眠は、バストアップにおいても大切です。

食生活

1日3食規則正しく、栄養バランスの取れた食事を心がけましょう。
栄養バランスが偏ると、ホルモンバランスの乱れの原因となります。
主食・主菜・副菜・汁物の和定食を参考にして、献立を考えてみましょう。

適度な運動

ホルモンは血流やリンパの流れに乗って体内を巡りますが、運動不足の状態だと血行が悪くなり、それによってホルモンの巡りも悪くなります。

運動といっても、激しいものを取り入れる必要はありません。
ウォーキングやストレッチなど、息が上がらない程度の運動を取り入れてみましょう。

良質な睡眠

良質な睡眠にはホルモンバランスを整えたり、成長ホルモンを分泌したりする効果があるため、バストアップには大切な要素です。
良質の睡眠と血行には深い関係があるといわれており、就寝前に体を温めておくことで質のよい睡眠を取ることができます。

就寝前には、入浴や温かい飲み物で、体を温めるようにしましょう。
また就寝前の軽い運動は、血行促進に加えてストレス発散にもなるため、非常に効果的といえます。

女性ホルモンに悪影響の習慣を正しましょう

女性ホルモンは加齢とともに減少していくため、分泌の促進と活性化も重要な課題です。
ここでは、女性ホルモンに良くない生活習慣を見ていきましょう。

タバコ

タバコに含まれているニコチンは、女性ホルモンを作るための酵素の働きを低下させ、分泌量を減少させます。
さらにエストロゲンを早く失活させてしまうため、働きを弱くしてしまいます。

エストロゲンの働きが弱いと、バストが育たないばかりではなく、肌や髪のツヤがなくなったり、シミができやすくなったりするため、女性にとってあまりよいことではありません。
バストを大きくしたいと考えている喫煙者の方は、すぐにタバコをやめるべきといえるでしょう。

過剰なアルコール

多すぎるアルコールの摂取は、ホルモンバランスの乱れや睡眠の質の低下を引き起こします。
ほろ酔い程度に、人と会話をしながら楽しくお酒を飲む分には、ストレスが軽減されてよい効果がもたらされることもあります。

しかし大量のお酒を飲んでストレスを誤魔化そうとする行為も逆効果で、睡眠の質が下がってしまい、結果ホルモンバランスは乱れたままストレスも緩和されません。

睡眠の質を下げないためには、規則正しい生活を心がけ、就寝する3時間前には飲酒をやめるようにしましょう。
量も1日1杯程度に留め、週に2日間程度の休肝日を設けることがおすすめです。

バストアップによい習慣を取り入れましょう

ホルモンバランスが安定する生活の中に、バストアップのための習慣を取り入れましょう。
ここではバストアップに効果的な、食事、ストレス発散、マッサージの3種類の習慣を紹介します。

大豆製食品を取り入れた食事

大豆製食品に多く含まれているイソフラボンは、エストロゲンと似た働きをするため、摂取することでホルモンバランスを整え、バストアップの効果を期待できます。
毎食1品大豆製食品を取り入れる、豆乳を飲むなど、自身に合った形で大豆製食品を摂取するようにしてみましょう。

しかし摂取のし過ぎはかえって逆効果になることがあります。
イソフラボンの摂取量は1日75㎎を上限として考えて、調整しましょう。

ストレス発散

私たちはストレスを感じると、体内で抗ストレスホルモンが分泌されます。その状態が慢性化してしまうと、男性ホルモンが刺激され、結果ホルモンバランスの乱れが生じてしまうのです。

それを防ぐためには、ストレスの発散が大切になってきます。
趣味に没頭したりするなど、自身に合ったストレス発散の方法を見つけて、溜め込まないようにしましょう。

マッサージ

女性ホルモンや栄養がバストに行き渡るように、バストとその周辺をマッサージする習慣を取り入れましょう。
入浴後など体が温まっているときに、バストアップクリームなどを使用して毎日5分ほど行うだけでも効果が期待できます。

また育乳マッサージ専門のサロンを訪ねてみるのもおすすめです。
サロンを訪れることで、プロの施術を受け、マッサージのコツなどを教えてもらうことができます。

(まとめ)女性ホルモンが胸を大きくする?

1.胸を大きくするには女性ホルモンが重要です

女性ホルモンの一種であるエストロゲンは、女性らしい体を作る作用があり、バストアップには欠かせない存在です。

女性ホルモンは日常生活の影響を受けやすく、またエストロゲンは加齢とともに分泌量が減っていくため、分泌の促進も重要になります。

2.生活習慣を見直しましょう

女性ホルモンは日常生活の影響を受けやすく、生活の基礎となる食事、運動、睡眠がバストアップにおいても重要となってきます。

1日3食、栄養バランスの取れた食事を心がけ、適度な運動と良質な睡眠を心がけましょう。

3.女性ホルモンに悪影響の習慣を正しましょう

タバコは女性ホルモンの分泌量を減少させ、エストロゲンの働きを弱めてしまうため、バストを大きくしたい人はやめるべき習慣です。

飲酒の習慣については、1日の量を決めて楽しく飲む分には問題ありませんが、飲みすぎないように気をつけましょう。

4.バストアップによい習慣を取り入れましょう

ホルモンバランスが安定する生活に加えて、マッサージやストレス発散など、バストアップのための習慣を取り入れましょう。

育乳マッサージ専門のサロンを訪ねると、プロの施術を受けられることに加えて、マッサージのコツなどを教えてもらうこともできるので、おすすめです。