リンパの流れが停滞すると血流にも悪影響が出て、胸が大きくなる邪魔となります


体にはリンパ管という、体にとって不要なものを流す管があります。
このリンパ管は停滞しやすいことが知られており、胸周辺で流れがスムーズでなければ、バストアップを含めて悪影響があるのです。
そのため胸を大きくしたいなら、リンパの流れも良くなければなりません。

たとえば胸周辺でリンパの流れが停滞することで血流まで悪影響が出たり、胸に老廃物が蓄積して硬くなったりするという問題もあるからです。
だからリンパの流れは胸の大きさと関係しているのです。

リンパの流れが悪いと血流などにも悪影響が出ます

胸を大きくしたいならリンパの流れがスムーズでなければいけません。
リンパ管の中にはリンパ液が流れており、老廃物をはじめ、細菌や不要な水分などを回収して最終的に体の外へ排出する役目を持っています。

またリンパ管にはリンパ節というフィルターのような働きを持った器官があり、異物が身体中に巡ってしまうのを防いでいるのです。
このリンパの巡りが悪くなることも、胸に悪影響を与えてしまいます。

血流にも言えることですが、胸の付近でリンパの巡りが停滞するとコリが生じると言われています。
リンパがスムーズに流れなくなることで、老廃物がその辺りに溜まることも考えられるでしょう。

またリンパが停滞すれば血流にも良くない影響が出て、停滞を招くことがあると言われています。
結果として筋肉が硬くなり、胸もその影響を受け、硬くなるリスクが出て来るのです。

血液が停滞すれば運ばれる女性ホルモンや栄養も、胸に届きづらくなります。
そのような理由で、胸が育ちにくくなることも出て来るでしょう。
そのため胸を大きくする育乳のためには、血流はもちろん、リンパの流れもスムーズにする必要があります。

マッサージを行うことで停滞によい影響を与えられます


胸周辺のリンパの流れを良くしたいなら、マッサージがよいでしょう。
マッサージにより、停滞しているリンパの流れをスムーズな状態にすることが期待できます。

血流は心臓の動きによるポンプ機能が働くため、勢い良く流れています。
しかしリンパは体が動くことによって流れ、基本的にゆっくりとしているのです。

なのでリンパのめぐりを良くしたいなら、マッサージによる外部からのサポートも必要になります。
胸周辺のリンパをスムーズにしたいなら、リンパ節なども意識する必要があります。

たとえば脇の下や鎖骨などには胸辺りに大きく影響する重要なリンパ節があるからです。
そのような部位をマッサージで刺激し、巡りにアプローチする必要があります。

脇の下や鎖骨のリンパ節は、自分ひとりでも簡単にマッサージをすることが可能です。
お風呂上がりなどは、血流なども良くなっているので、マッサージに適したタイミングと言えるでしょう。
もちろんお風呂上がり以外でも意識して行うことで、胸を大きくする助けになります。

過度なマッサージをしてしまわないよう注意しましょう

マッサージを行う時には注意点もあります。
とくに力を入れすぎてマッサージをしてしまうことについては気を付けましょう。

美しい胸の張りを保つものとして、大胸筋や小胸筋、クーパー靭帯があり、胸を支えています。
しかし力を入れすぎるような、間違ったマッサージを行えば、それらの部位を傷つけてしまう可能性があるのです。

具体的には伸びたり切れたりと言ったダメージが考えられるでしょう。
クーパー靭帯は伸びたり切れたりすると自然回復が難しいと言われており、結果、胸が垂れてしまうような問題を生じさせてしまいます。

そのためマッサージをする時は、力を入れすぎないようにしなければなりません。
マッサージに興味はあるけれど、自分一人でやるのは不安がある、むずかしさを感じるという人もいるでしょう。

そのような人は専門サロンによる育乳マッサージがおすすめです。
知識や技術もきちんとしているプロの手による施術ですから、血流やリンパにもよい影響を与えられます。
結果として胸を大きくするだけではなく、美しい形作りへつなげる効果が期待できるでしょう。

(まとめ)胸を大きくすることとリンパの関係って?

1.リンパの流れが停滞すると血流にも悪影響が出て、胸が大きくなる邪魔となります

老廃物など回収していくリンパ管の流れが停滞すると、胸にも悪影響をもたらします。

たとえば血流も悪くなり、胸を育てる成分が届きづらくなるのです。
なので胸を大きくすることと、リンパの流れは密接に関係してくるのです。

2.リンパの流れが悪いと血流などにも悪影響が出ます

リンパの流れが悪くなると、コリなどが生じると言われています。

老廃物が胸周辺に溜まると、大きくなりづらい環境となります。
だから育乳のためには、リンパの流れにも注意しなければなりません。

3.マッサージを行うことで停滞状態によい影響を与えられます

胸周辺のリンパの流れにアプローチしたいなら、マッサージがよいでしょう。

脇の下や鎖骨辺りには、重要なリンパ節があるのでマッサージをすることで、流れによい影響を与えられるのです。
お風呂上がりなど、血流が良くなるタイミングで行うのがよいでしょう。

4.過度なマッサージをしてしまわないよう注意しましょう

マッサージでは、力を入れすぎると毛細血管やクーパー靭帯に大きな負担がかかるので注意しましょう。

自分でやるのは自信がないという人は、専門店でプロの施術に頼るのもおすすめです。