産後に胸を大きくするために血流や女性ホルモンの分泌、食生活から改善を目指しましょう


妊娠すると女性ホルモンの影響で乳腺が発達して胸が大きくなります。

しかしそれは一時的なものであり、出産して授乳が始まる頃になると徐々に小さくなっていくのです。

その結果、胸が小さくなったり、垂れてしまったりすることがありますが、この状態から胸を大きくするには、育乳に役立つ栄養や女性ホルモンの分泌、栄養の摂取や血流を良くすることが大切です。

また、大胸筋など胸の土台を支える筋肉をエクササイズで鍛えるのがよいでしょう。

産後小さくなるのはホルモン分泌の影響が理由の一つです

産後にしぼんでしまった胸を再び大きくする方法を知りたい人も多いでしょう。

妊娠をすると乳房の下半分から脇にかけて大きくなることが知られています。

これは妊娠によるホルモン分泌の変化が大きく関係しており、乳腺が発達することによるものと考えられているのです。

ピークは出産後の2~3日後とも呼ばれており、それから授乳をスタートさせて止めるまでの中で小さくなり元のサイズに戻るのです。

この時、胸は3倍、4倍と妊娠前よりかなり重くなるのですが、問題はしぼんだ後のことと言えます。

妊娠したことで胸が大きくなったのはよいけれど、産後は乳腺が小さくなっていくと考えられています。

乳腺が小さくなれば脂肪も減って行き、胸が小さくなることにつながるのです。

他に、胸を支えているものにクーパー靭帯があります。

このクーパー靭帯は出産をすることによって伸びるので、垂れ下がることにつながるのです。

つまり産後、胸が小さくなる、形が崩れて垂れてしまうのはある意味で必然と言えるでしょう。

血流や食生活に気をつけましょう


産後、小さくなった胸を大きくするには、ある程度、努力が必要です。

たとえば不自然な姿勢になっているのも注意をしなければなりません。

姿勢が悪くなることで体が歪んでしまい、血流が悪くなることが考えられます。

血流が悪くなれば、乳腺を発達させる女性ホルモンや栄養素が十分に届きづらくなる可能性が出て来るので注意しましょう。

また、食生活についても気を使う必要があります。

女性ホルモンの代わりとなると言われている大豆イソフラボンなどを摂取し、また、ビタミン類も補うことが大切です。

ビタミンB1やB2などは血流によい影響を与えますし、B6などは胸を支える大胸筋などの筋肉や血液の材料になるので、間接的に胸を大きくするために必要な栄養分と言えるでしょう。

また、出産中に太ってしまい、産後もそのままという女性も少なくありません。

そのため、ムリなダイエットをすれば、胸を育てる栄養素が不足になるので小さくなったままということもありえるのです。

そうならないよう胸を大きくするには、食生活についても注意しなければなりません。

さらに、合掌ポーズなど、両手を胸の前で合わせるエクササイズなどを行うのも、胸が垂れ下がるのを予防するためにも有効と言われています。

バストアップマッサージで胸への血流を良くしましょう

産後、再び胸を大きくしたいならバストアップマッサージなどもよいでしょう。

とくによいのはお風呂上がりと言った血流が良くなっている状態です。

バストアップマッサージの目的は、血流やリンパの流れによい影響を与えることでしょう。

赤ちゃんを抱っこしたり、おんぶしたりする時には体のあらゆる所に負担もかかります。

さらにムリな格好で抱っこをしていたら、体の歪みが生じる可能性も否定できません。

胸周辺もコリコリになってしまう可能性も出て来ます。

そのため、胸周辺の血流やリンパの流れを良くしてコリをほぐすのも、胸を大きくするためには大切な対策となるでしょう。

血流やリンパがスムーズであれば、胸を発達させる女性ホルモンや栄養分が乳腺に届きやすくなるからです。

ただ、よりよい効果を期待したい、あるいは胸の形も整えたいのでしたら、専門のサロンでバストアップマッサージを行うのもよいでしょう。

たとえば背中や二の腕にある脂肪を胸の方へ流すことで胸を大きくするというのは、自分で効率的に行うのは難しいと言えます。

子育てのリラックスという意味でも、プロの手によるバストアップマッサージはおすすめなので検討してはいかがでしょうか。

(まとめ)産後に胸を大きくするためには何が必要?

1.産後に胸を大きくするために血流や女性ホルモンの分泌、食生活から改善を目指しましょう

妊娠すると女性ホルモンの影響により、一時的に胸は大きくなりますが、出産してから時間が経過すると徐々に戻ります。

再び大きく美しい胸にするには女性ホルモンの分泌を意識した、食生活や血流の改善、エクササイズなどの対策が効果的でしょう。

2.産後小さくなるのはホルモン分泌の影響が理由の一つです

妊娠中はホルモン分泌の変化により大きくなりますが、出産後、授乳をすると徐々に小さくなります。

クーパー靭帯も伸びることが多く、大きくなった乳房がしぼんで垂れてしまうのは仕方ありません。

3.血流や食生活に気をつけましょう

胸を大きくするには、姿勢に注意し、血流を良くして、乳腺へ女性ホルモンや栄養素が届きやすくする努力が必要です。

食生活から改善を目指すなら、大豆イソフラボンやビタミン類やたんぱく質など、胸を大きくするための栄養を摂取しましょう。

4.バストアップマッサージで胸への血流を良くしましょう

血流を良くしたいなら、バストアップマッサージなどもおすすめでしょう。

お風呂上がりなど血流がよい状態で行うと効果的です。

専門サロンだとより効率的で、よい効果が期待できます。