生理前は女性ホルモンの影響でむくむため胸が大きくなり張るのです


生理前は女性ホルモンの一つであるプロゲステロンの影響によって乳房が水分を溜め込み、胸が大きくなったり張ったりします。

そのため、この状態は決して珍しいものではありません。

しかし、生理前以外に張って痛いなどの症状がある場合は、乳腺炎などの病気も疑われるため、専門医に相談しましょう。

病気以外の原因で胸が大きくなり張るなら、ブラジャーを適正なものにする、食生活でホルモンバランスを整えるなど対策が必要です。

生理前はホルモンの影響を受けて胸が張ります

胸は女性ホルモンの影響を大きく受ける部位なので、生理前でも張ることが知られています。

女性ホルモンはプロゲステロンと、エストロゲンという2種類があります。

乳房に変化に大きな影響を与えるのが、プロゲステロンの方です。

プロゲステロンは黄体ホルモンと呼ばれており、体を妊娠できる状態に変える働きを持っています。

このプロゲステロンが、乳房にも影響を与えるのです。

その影響により、乳房が水分を溜め込みますので大きく張ってしまうと言われています。

つまり生理前に胸が大きくなり張ってしまうのは、むくんでいる状態と言ってもよいでしょう。

生理前に胸が大きくなり張ってしまうのは不思議な状態ではないのです。

しかし、中には注意しなければならない胸の張りもあります。

たとえば乳腺炎や乳腺症と言った病気でも、胸が張ることもあるのです。

乳腺炎の場合、授乳中に多く、胸や脇の下のリンパ節が腫れることが症状として挙げられるでしょう。

乳腺症は病気と言っても良性ですが張りや痛みが生じることもあるので注意が必要でしょう。

生理前以外でも胸が張る、痛みが強いなら専門医に相談することをおすすめします。

小さいブラジャーをつけないようにしましょう


生理前の張りは生理が始まる頃になると治まることが多いです。

ただ、胸が大きくなり張りによって痛みが生じるのでしたら、対策を考えた方がよいでしょう。

痛みを感じたなら、胸の辺りを冷やさないことが大切になります。

体の冷えにより毛細血管の血流が悪化することで痛みが生じるとも言われているからです。

また、胸を大きくすることと、胸の張りの痛みで共通する対策としては、ブラジャーにも注意が必要です。

自分のカップサイズに合っていない小さめのブラジャーを身につけることで血流が停滞しやすくなりますし、単純に締めつけられて違和感を覚え、痛くなることも考えられます。

また、ホルモンバランスの影響を考えるなら、栄養バランスが取れた食生活を心がけることも大切でしょう。

これは胸を大きくするという意味でも大切なことです。

大豆イソフラボンなどは胸を大きくするためにはよいとされています。

だからといって、毎日、大豆イソフラボンが含まれた食べ物ばかり食べると健康という意味でも良くありません。

食生活に摂り入れるという意識ぐらいでちょうどよいでしょう。

張りが治まった生理後はバストアップマッサージによいです

生理前で胸が大きくなり張るのは、むくみであり一時的ですので、最終的には小さくなってしまいます。

ただ、生理というタイミングは、マッサージによってバストアップを図る絶好のタイミングとも言えるのです。

胸の張りが治まり生理になって終われば、今度は女性ホルモンの一つ、エストロゲンが増加します。

エストロゲンは血流や皮下脂肪を増やす働きがあると言われているので、生理後のタイミングを見計らってバストアップマッサージを行うのがよいでしょう。

バストアップマッサージをすることで血流が良くなれば、それだけ、乳腺を育てる栄養素を運びやすくなるからです。

注意したいのは、生理中は止めた方がよいということです。

バストアップマッサージによって、生理の出血が多くなる可能性もあるので避けたほうがよいでしょう。

また、強くマッサージすると、毛細血管やクーパー靭帯などの繊細な部位を傷つける可能性があります。

胸を大きくしたいなら、生理後、専門サロンでバストアップマッサージをするのもいいでしょう。

専門的な技術によるバストマッサージにより、胸を大きくすることが期待できるからです。

(まとめ)生理前に胸が大きくなって張るのはどうして?

1.生理前は女性ホルモンの影響でむくむため胸が大きくなり張るのです

生理前に胸が大きくなり張る原因は、女性ホルモンの影響が考えられます。

しかし生理前以外の場合は、病気が隠れていることもあるため、医師に相談しましょう。

もし病気で無い場合はブラジャーや食生活などを改善する必要があるかもしれません。

2.生理前はホルモンの影響を受けて胸が張ります

生理前にはプロゲステロンという女性ホルモンの影響で、胸が大きくなり張ることがあります。

しかし乳腺炎などの病気が原因の一つになっている場合もあるので、医師に相談してもよいでしょう。

3.小さいブラジャーをつけないようにしましょう

胸の張りは生理が始まると一般的に治まることが多く、痛みが生じているなら、対策をしましょう。

冷えに注意し、適切なサイズのブラを使ったり、ホルモンバランスや栄養バランスのことを考えた食生活を心がけたりなどする必要があります。

4.張りが治まった生理後はバストアップマッサージによいです

胸を大きくするなら、生理後はエストロゲンが分泌されているので、育乳マッサージのチャンスとも言えます。

しかし生理中など間違ったタイミングで行うと、生理の出血が多くなる可能性もあるので注意しましょう。