大豆イソフラボンは女性ホルモンに似ているため胸を大きくするサポートが期待できます


イソフラボンが胸を大きくする助けになるという話は、女性ホルモンに関係するためです。

イソフラボンの中でも、とくに大豆イソフラボンは女性ホルモンに似た働きをすると考えられています。

また、胸を大きくするには女性ホルモンが必要です。

このことから、大豆イソフラボンを摂取することで女性ホルモンの乱れや減少への予防になると考えられます。

しかし大豆イソフラボンはあくまで胸を大きくするためのサポート役ということを忘れてはいけません。

イソフラボンが女性ホルモンの働きをサポートします

胸を大きくするにはイソフラボンがよいという話もあります。

どうしてイソフラボンが役立つのかと言えば、女性ホルモンに関係しているためです。

胸を大きくするには乳腺を発達させることがポイントになります。

乳腺が発達することで、その周囲に脂肪が集まり豊かな胸が作られるためです。

その乳腺を発達させるには、女性ホルモンのエストロゲンが必要となります。

ただ、女性ホルモンの分泌は年齢が高くなるに連れて減っていくという傾向があり、
また、不規則な生活やストレスなど、ちょっとしたことで乱れやすいと言われています。

女性ホルモンの分泌が減ったり乱れたりすれば、乳腺の発達が十分でなくなるのも必然でしょう。

イソフラボンはその女性ホルモンの代わりになると言われており、とくに大豆イソフラボンがよいと考えられています。

その理由は大豆イソフラボンが女性ホルモンに似た化学構造を持ち、同じような働きをもつと考えられているからです。

そのため女性ホルモンの分泌に乱れや減少が起きた時、大豆イソフラボンがよいと言われているのです。

また、バストアップだけではなく女性ホルモンの乱れや減少により生じるトラブル全般に対しても有効と言われています。

大豆や大豆製品に大豆イソフラボンは豊富です


大豆イソフラボンが含まれる食品は複数ありますが、代表的なのは大豆や大豆製品です。

そのため胸を大きくしたいのであれば大豆や大豆製品を多く使った料理がよいと言えるでしょう。

また、大豆イソフラボンは1日50mg摂取するのがよいと言われています。

たとえば納豆だと1パック50gとすれば、大豆イソフラボンが65mg含まれています。

また、豆乳などの大豆飲料ですと、125mlの中に69mgです。

豆腐や油揚げなども50mg以上含まれており、手軽に摂取できます。

基本的に大豆イソフラボンも含め、イソフラボンはたくさん摂取しても外へ排出されると言われています。

しかし、それでも過剰摂取には注意しなければなりません。

とくに妊娠中などはエストロゲンが通常より多く分泌されていると言われています。

そのタイミングで大豆イソフラボンなどを過剰摂取すれば、思わぬトラブルが生じる可能性があるため、注意が必要です。

また、大豆イソフラボンだけを取り入れれば、すぐに胸が大きくなるということでもありません。

胸を大きくするために役立つ栄養分ではありますが、それだけではなく規則正しい生活や適度な運動も必要となるので注意しましょう。

血流やリンパの流れを良くすることも重要です

大豆イソフラボンを毎日の食生活に取り入れたとしても、胸を大きくするには血流や、リンパの流れもスムーズでなければなりません。

なぜかというと、大豆イソフラボンを含め、胸を大きくするための栄養分を運ぶのは血管を流れる血液だからです。

このことから、血流が悪ければ大豆イソフラボンなどが胸へ届きづらくなるため、どんなに食生活に取り入れても効果が薄れてしまうおそれがあります。

また血流だけではなくリンパについても注意が必要です。

リンパが胸周辺で停滞すれば血管を圧迫することもあり、老廃物が胸へ溜まって硬くなるなどの問題が生じることもあるためです。

大豆イソフラボンを摂取するなら、同時に血流やリンパの流れを良くすることも考えた方がよいでしょう。

では血流やリンパの流れを良くして胸を大きくする方法にどんなものがあるのかという問題が出て来ます。

対策の一つとしては育乳マッサージがよいでしょう。

育乳マッサージをすることで血流などが良くなり、女性ホルモンだけではなく、イソフラボンや胸の発達に必要な栄養素が胸へ届きやすくなる効果が見込めます。

育乳マッサージをする際には、血流が良くなっているお風呂上がりが効果的でしょう。

ただ、優しくマッサージをしなければ、毛細血管や乳腺などが傷つく可能性も考えられます。

そのため、より安全で確実に育乳マッサージをしたいという場合は、専門のサロンを利用してみるのもよいでしょう。

プロによる施術のため、自分でのマッサージより効率的な施術を期待することができます。

(まとめ)イソフラボンで胸は大きくなるって本当?

1.大豆イソフラボンは女性ホルモンに似ているため胸を大きくするサポートが期待できます

大豆イソフラボンは、胸を大きくするために必要な女性ホルモンと働きが似ているとされています。

女性ホルモンはバストアップに必要なため、女性ホルモンが減少していたり乱れたりしている女性には助けとなるでしょう。

2.イソフラボンが女性ホルモンの働きをサポートします

イソフラボンの中でも、とくに大豆イソフラボンは胸を発達させるための女性ホルモンと似た働きがあると言われています。

そのため不規則な生活やストレス、加齢などで女性ホルモンが減ったり乱れたりした時、大豆イソフラボンが助けになると考えられているのです。

3.大豆や大豆製品に大豆イソフラボンは豊富です

大豆や大豆を使った食品に多く大豆イソフラボンは含まれています。

1日50mg程度を目安にして摂取するとよいでしょう。

しかし過剰摂取をすると思わぬトラブルにつながる可能性があるので注意が必要です。

4.血流やリンパの流れを良くすることも重要です

大豆イソフラボンを摂取しても、血流やリンパの流れが悪ければ、胸に届きづらくなることが考えられます。

そのため、育乳マッサージにより血流やリンパの流れに対しアプローチをするのもよいでしょう。