エストロゲンは女性ホルモンの一つで、乳腺の発達させ胸を大きくすると言われています


胸を大きく育てたいのであれば、女性ホルモンが必要と言われています。

その女性ホルモンの中でも胸を大きくするのがエストロゲンと考えられているのです。

このエストロゲンは女性らしい体つきにするという働きを持っています。

卵巣で作られて、血液に乗って胸へ届き乳腺を発達させる効果が期待できるのです。

また、乳腺が発達するに連れて脂肪が胸へ集まり、大きくなると考えられています。

このような理由から、胸を大きくするにはエストロゲンが必要と言えるでしょう。

エストロゲンは胸を成長させる女性ホルモンと言われています

女性ホルモンにはエストロゲンとプロゲステロンがあります。

その中でも胸を大きくするのに大きく関係しているのが、エストロゲンと考えられています。

エストロゲンとは女性らしい体つきにする重要な役割を持っているホルモンです。

そのため、胸を大きくするためにはエストロゲンの分泌が重要であると考えられています。

また、エストロゲンの働きによって、胸にある乳腺という器官が育つという部分も大切なポイントと言えるでしょう。

胸の9割は脂肪ですが、あとの1割は乳腺です。

胸は脂肪だと考えて大きくするために太ろうとする人も少なくありません。

しかし胸を大きくするには脂肪を増やすのではなく乳腺の発達が重要なのです。

乳腺組織が発達すれば、自然と脂肪が集まって来るからです。

単純に暴飲暴食をして太っても、乳腺が発達しなければ違う部分に脂肪がついて胸だけは小さいままということも出てくるので注意しましょう。

また、女性ホルモンの分泌量が減ったり、ホルモンバランスが乱れたりすることで乳腺が不足するために胸が育たないこともあります。

このように胸を大きくするためには女性ホルモンのエストロゲンが重要になるのです。

大豆イソフラボンの摂取や規則正しい生活と適度な運動を心がけましょう


エストロゲンの働きをサポートする栄養分の一つに大豆イソフラボンを摂取することが挙げられます。

大豆イソフラボンは、大豆はもちろん納豆や豆腐や味噌など、大豆が使われた食品に多く含まれています。

しかし過剰摂取には注意が必要です。

たとえばエストロゲンを増やし過ぎれば、女性ホルモンのプロゲステロンとのバランスが崩れてしまうことがあるからです。

女性ホルモンの分泌量を増やすようなサプリメントもありますが、過剰摂取をした場合、たとえ胸が大きくなっても、健康を崩すリスクが高まるので注意しましょう。

また、規則正しい生活をすることもエストロゲンの分泌を安定させる方法の一つです。

不規則な生活は女性ホルモンの分泌に悪影響を与えるだけではなくストレスも溜まります。

とくに睡眠不足は女性ホルモンのバランスに悪影響を与える要因の一つになるので注意しましょう。

さらに適度な運動をするのもよいと言われています。

運動をすることで血流も良くなりますし、運動前と比較をすればエストロゲンが増加すると考えられているからです。

適度な運動はストレス解消にもなりますので胸を大きくしたいなら日常生活に摂り入れましょう。

血流やリンパの環境が良くなければエストロゲンが胸に届きづらいです

エストロゲンが活発に分泌されていても、血流やリンパが悪ければ胸へスムーズに届かない可能性もあるため注意しましょう。

胸を大きくするためにはエストロゲンの分泌だけではなく、胸に運ぶための血流やリンパという部分の環境を整える必要も出てきます。

では胸にエストロゲンが届きやすくなる血流やリンパの流れを良くするための方法に何があるのでしょうか。

血流やリンパを促す方法の一つに、バストアップマッサージがあります。

バストアップマッサージを行うのであれば、入浴中やお風呂上がりなど、血流が良くなっている状態で行うのがおすすめです。

専用のクリームやオイルもありますから、使用することでスムーズにマッサージが行えるでしょう。

しかしバストアップマッサージを自分で行うときには注意点があります。

たとえばムダに力を入れすぎることです。

胸には毛細血管や乳腺、さらには胸を支えているクーパー靭帯などがあります。

しかし力を入れすぎることで、胸を支える重要な器官にダメージを与えてしまう可能性があるため注意が必要です。

バストアップマッサージをする時にはあくまでやわらかいタッチで胸全体を包むような感じで行いましょう。

また、長時間バストアップマッサージをするのも負担がかかるので、10分程度を意識するのがポイントです。

バストアップマッサージや育乳マッサージを本格的に行いたいなら、専門にしているサロンもありますのでプロの施術を受けるのもよいでしょう。

(まとめ)胸を大きくすると言われるエストロゲンって何?

1.エストロゲンは女性ホルモンの一つで、乳腺の発達を促し胸を大きくすると言われています

胸を大きくしたいのであれば、乳腺の発達がポイントになります。

その乳腺を発達させるにはエストロゲンという女性ホルモンが必要と言われています。

乳腺が発達することで、胸に脂肪が増えるというメカニズムが働くことが期待されるためです。

2.エストロゲンは胸を成長させる女性ホルモンと言われています

女性ホルモンのエストロゲンは女性らしい体つきにするために必要なホルモンで、豊かな胸を形成する場合でも大事なポイントです
エストロゲンにより乳腺が発達するからこそ、脂肪が集まって大きな胸になるからです。

3.大豆イソフラボンの摂取や規則正しい生活と適度な運動を心がけましょう

エストロゲンの分泌を活性化したいなら、大豆イソフラボンがよいと考えられています。

また、規則正しい生活や、適度な運動などもエストロゲンの分泌によいと言われているのです。

とくに運動は血流も良くなりエストロゲンが胸へ届きやすくなると言われています。

4.血流やリンパの環境が良くなければエストロゲンが胸に届きづらいです

エストロゲンの分泌が活性化されても血流が悪ければ、胸へスムーズに届かないこともあるでしょう。

対策の一つとしてバストアップマッサージなどがあります。

ただ、行う時は力を入れ過ぎないように注意しましょう。