授乳期に大きくなった胸が授乳後に垂れてしまうのは皮膚が伸びたことによるものです


赤ちゃんに授乳をしている頃は大きかった胸が授乳後に垂れてしまうのは、皮膚が伸びたためだと考えられています。

授乳期には胸が張って大きくなりやすく、もともとの胸のサイズより胸が大きくなるケースが多いです。

ところが授乳後に胸がしぼんでしまい、サイズが小さくなるだけでなく、下に向かって垂れてしまうことがあります。

また授乳期には胸が大きく重たくなりますが、その重みによって下垂してしまうことも原因のひとつに挙げられます。

個人差はありますが、授乳後に胸が垂れてしまったという悩みを抱える女性は少なくありません。

胸のハリや大きさにはクーパー靭帯が関わっています

クーパー靭帯とは、乳腺を皮膚や大胸筋に繋ぎとめているコラーゲンの結合組織です。

胸には複数の乳腺が存在しており、その周囲に脂肪組織があります。

大胸筋や皮膚と、乳腺や脂肪組織といった胸の中の組織をクーパー靭帯が吊り上げることで、胸が垂れるのを防いでいます。

また上向きな形のよい胸を保つのも、クーパー靭帯が胸を支えてくれているためです。

クーパー靭帯のもつ伸縮性はほんのわずかで、ゴムのように自在に伸び縮みできるわけではありません。

多少強く伸ばされても元の状態に戻ることができますが、日常的な負荷でダメージを受けやすく非常にデリケートです。

そのため、一度損傷してしまうと元通りに修復するのは大変難しいと言われています。

クーパー靭帯はコラーゲン組織の束なので、筋肉のように鍛えて丈夫にすることができません。

ムリに伸ばされたり、なんらかの強い負担がかかることで、伸びたり切れたりすることがあります。

授乳期に大きかった胸が授乳後に垂れてしまうのは、クーパー靭帯がダメージを受けたためと考えられるでしょう。

授乳後に胸が垂れてしまう原因にはさまざまなものがあります


授乳後に胸が垂れてしまう原因は、クーパー靭帯の損傷以外にもさまざまなものが考えられます。

いくつもの原因が重なることで、胸の下垂を招いているのです。

胸のサイズによる変化

授乳期の胸は乳腺がもっとも発達しているので、胸も必然的に大きくなります。

ところが授乳後は次第に胸が小さくなり、皮膚が伸びて胸が垂れやすい状態です。

また妊娠や出産による体重の増減も、胸の形に影響を及ぼします。

ホルモンバランスの変化

エストロゲンという女性ホルモンには胸にハリを持たせる役割があります。

女性ホルモンは生活習慣の影響を受けやすく、ホルモンバランスが乱れることで胸の下垂が起こりやすくなるのです。

悪い姿勢

授乳中の姿勢が悪かった影響で、授乳後に胸が垂れる原因となることがあります。

猫背の状態が続くと大胸筋の血流が悪くなり、胸が冷えて栄養不足に陥ります。

栄養が行き届かない胸は次第にハリをなくして垂れやすくなるでしょう。

バストアップのためのケアをしましょう

胸を大きく上向きにするためには、日頃のバストケアが大切です。

授乳後はとくに念入りに行うことで、理想的な胸を目指しましょう。

自分に合ったブラジャーを選ぶ

サイズの合っていないブラジャーをつけると、それだけで胸が小さくなったり垂れたりする原因になります。

きつすぎるブラジャーは胸の血行不良を招くので、まずは自分に合ったサイズのブラジャーを選びましょう。

授乳後のノーブラも、胸のハリを失わせると言われています。

規則正しい食生活を送る

好き嫌いや欠食が多い食生活では、バストアップの効果は得られにくくなります。

栄養不足の食生活は女性ホルモンの分泌を妨げるので、良質なたんぱく質を含んだ食事を毎日きちんと食べることを心がけましょう。

リンパマッサージをする

リンパには胸に必要な栄養素を運ぶ役割があるので、マッサージで流れを良くすると胸が大きく育ちやすくなります。

ただし間違ったやり方でマッサージをするとクーパー靭帯を傷つけてしまい、かえって逆効果になる可能性もあります。

背中など自分の手で届きにくい場所もあるので、専門のサロンなどプロの方にマッサージをお願いするのもよいでしょう。

(まとめ)大きくなった胸が授乳後に垂れてしまうのは何故?

1.授乳期に大きくなった胸が授乳後に垂れてしまうのは皮膚が伸びたことによるものです

授乳期を過ぎて胸が垂れてしまうのは、皮膚が伸びてしまったためと考えられています。

また、授乳期には胸が大きく重たくなりますが、その重みが原因となって垂れてしまうこともあります。

2.胸のハリや大きさにはクーパー靭帯が関わっています

クーパー靭帯とは、乳腺を皮膚や大胸筋に繋ぎとめているコラーゲンの束です。

筋肉のように鍛えることができず、伸縮性もないことから損傷しやすいという特徴があります。

一度ダメージを受けると元に戻らず、授乳後に胸が垂れてしまう原因となっています。

3.授乳後に胸が垂れてしまう原因にはさまざまなものがあります

授乳後の胸はさまざまな原因が折り重なって、胸の下垂を招きやすい状態です。

乳腺の発達で授乳中に大きくなっていた胸が小さくなることや、ホルモンバランスの変化、授乳中の猫背などが影響します。

4.バストアップのためのケアをしましょう

授乳後に胸が垂れてしまうのは、クーパー靭帯の損傷以外にも原因が考えられます。

適正なサイズのブラジャーを選び、良質なたんぱく質を食事から摂りましょう。

リンパマッサージでリンパの流れを良くすると、胸の下垂を防ぎバストアップに繋がります。