生理前に胸が大きくなって張るときは冷やしたり、下着を見直したりしましょう


生理前にはプロゲステロンの分泌が進み、胸が大きくなることがあります。
痛みを感じる場合は軽く温めるか冷やす、もしくは鎮痛剤の利用も検討しましょう。
またサイズが合っていない下着や締めつける下着も避けるようにおすすめします。

胸の痛みや張りは月経前症候群、もしくは乳腺症の症状の可能性もあります。
不安な場合は婦人科で相談しましょう。

胸の痛みや張りは、下着を変えたり軽く冷やしてみたりすることで緩和することがあります

女性の胸は1か月の間でも大きく変化しますが、その原因は女性ホルモンの変化と言われているのです。
生理前は女性ホルモンのプロゲステロンの分泌が進んで、胸の腫れや痛みを引き起こします。

生理1週間前ほどからわき近くの胸が痛み始めて、生理が到来すると痛みが緩和するといわれています。
この痛みには個人差があるため、辛くて仕事や家事に支障が出るという人もいるでしょう。

今までの研究では定期的な運動や、カフェインの過剰摂取を避けることで胸の痛みを和らげることができると示唆されています。
加えて温熱パッドや氷のうを痛む部分にのせることで症状が緩和することもあるそうです。
温めるほうがいいか、冷やすほうがいいかは個人差があります。

胸が痛んで気になるときには、1日数回1分程度試してみましょう。
痛みが続くときにはイブプロフェンやアセトアミノフェンを含む鎮痛剤の服用も検討してみてください。

胸が揺れて痛みが出ることもあるため、痛みが気になりだしたら体にフィットしてサポート機能があるブラを選びましょう。
スポーツブラのように締め付けないブラを選んでもいいでしょう。

胸が張って痛みを感じる場合は月経前症候群や乳腺症の可能性もあります


生理前に胸が大きくなったり、張って痛みを感じたりすることは女性にとっては悩みのひとつかもしれません。
一般的には病気などではなく、女性ホルモンの変化によっておこる症状のひとつです。

しかし月経前症候群のひとつとして痛みや張りが出ていることもあるため、症状がツライ場合は病気として治療することもあります。

月経前症候群はPMSとも呼ばれ排卵後から生理までの間に心身のトラブルがあらわれる病気です。
排卵後ずっと不調が続く人もいれば、生理直前の2、3日だけ症状が気になるという場合もあります。
月経前症候群の症状は情緒不安や、肩こり、頭痛、めまいなどですが、胸の痛みや張りも、この症状のひとつです。

また乳腺自体の問題として乳腺症があることで生理前に痛みが出ることがあります。
乳腺症になると乳腺が硬くなってしこりのように感じます。
乳腺症自体はすぐに治療が必要とは限りません。
ただし痛みが強い場合は治療としてホルモン剤が処方されることもあるでしょう。

月経前症候群も乳腺症も症状がツライ時には婦人科の受診をおすすめします。
腫れや赤みが強く出るときは炎症を起こしている可能性があるのですぐに医師に相談しましょう。

今まで生理前に胸が大きくなったことがない人でも、ピルの服用で張りを感じることがあります

生理前に胸が大きくなったり張りを感じたりする症状には個人差があります。

ところがごくまれではありますが、今まで生理前に胸が大きくなったことがない人でも胸の張りや痛みを感じることがあります。
それはピルを飲み始めた時です。

ピルは女性ホルモンのエストロゲンとプロゲステロンの量を調整する薬です。
女性ホルモンをコントロールすることで避妊したり、生理痛や生理不順を改善したりするためにピルは利用されています。

ピルによるホルモンと、自然と分泌されるエストロゲン、プロゲステロンが合わさることで今までは起きたことがないような、胸の張りや痛みを感じることもあるでしょう。

身体がピルに適応するまでには時間がかかります。
ピルに身体が慣れれば、何週間後かには張りや痛みを感じなくなります。

ただし痛みがどうしても気になるケースや、時間が経っても痛みが続く場合は医師に相談しましょう。
別のタイプのプロゲステロンが配合されたピルや、エストロゲンが少ないピルを処方することで対処できることもあります。

(まとめ)生理前に胸が大きくなって痛むのはどうすればいい?

1.生理前に胸が大きくなって張るときは冷やしたり、下着を見直したりしましょう

生理前にはプロゲステロンの影響で胸が大きくなることがあります。

痛みが強い場合は、痛む部分を温めたり冷やしたりすることで落ち着くこともあります。
また痛みが強い場合やしこりがある場合は、別の病気かもしれないので婦人科に相談しましょう。

2.胸の痛みや張りは、下着を変えたり軽く冷やしてみたりすることで緩和することがあります

胸は女性ホルモンの影響を受けて、大きくなったり痛みや腫れを引き起こしたりすることがあります。

そのような場合は、痛む部分を軽く冷やすか温めることで 痛みが和らぐことがあります。
合わない下着や締め付けも胸の揺れによる痛みの原因になるので注意しましょう。

3.胸が張って痛みを感じる場合は月経前症候群や乳腺症の可能性もあります

胸が張ったり大きくなったりすることは、自然な症状なので病気ではありません。

しかし月経前症候群の症状のひとつであるケースや乳腺炎の可能性もあります。
痛みが強い場合などは婦人科の受診がおすすめです。

4.今まで生理前に胸が大きくなったことがない人でも、ピルの服用で張りを感じることがあります

女性ホルモンをコントロールするピルは胸にも影響を与えます。

ピルを飲むようになってから胸の張りや痛みを感じるようになったという人は、身体がピルに慣れていないのかもしれません。
症状が続く場合は医師に相談しましょう。