胸の小さい原因が女性ホルモンの乱れにある場合もあります


胸の成長は女性ホルモンの分泌によって左右されると言われています。

そのため、女性ホルモンの分泌が減少していたりホルモンバランスが乱れてしまっていたりすることが原因となって、胸が大きくなりにくくなってしまっている場合も考えられるのです。

女性ホルモンの分泌やホルモンバランスを改善するためには、健康的な食生活や睡眠が重要と言えるでしょう。

また、ストレスを溜め込まないことも大切な要素のひとつです。

胸の成長に期限はありません

女性の胸は、主に成長期から成人にかけての期間中に大きく成長するものと言われていますが、これには女性ホルモンの分泌が関係しているとされています。

女性ホルモンが分泌されると乳腺が発達します。

すると、発達した乳腺を守るために胸に脂肪がつき、その結果胸が大きくなるということにつながるのです。

これが、胸の成長していくメカニズムと言われており、女性ホルモンの分泌を促すことによって、バストアップにつながると言えるでしょう。

また、量の増減はあるものの女性ホルモンは、一生をかけて分泌されるものと言われています。

そのため、バストアップや育乳を図るチャンスはいつでもあると言えるでしょう。

たしかに、成長期から成人にかけての期間が、もっとも女性ホルモンや成長ホルモンの分泌が多いと言われています。

しかし、その後も女性ホルモンや成長ホルモンは分泌され続けるのです。

胸が小さいということにお悩みの方は、女性ホルモンの分泌を促し、ホルモンバランスの乱れを整える生活を行うことで胸のサイズアップを試みてみましょう。

ホルモンバランスを整えるための生活を心がけましょう


バストアップを考える時には、女性ホルモンの分泌を促し、ホルモンバランスを整える必要があります。

そのためには、普段の生活の中でいくつか気にしておきたいポイントがあるでしょう。

胸を大きくするために日常生活で意識したいことをいくつか紹介します。

健康的な食生活を送る

極端なダイエットなどで摂取する栄養を減らしてしまったり偏らせたりしてしまうことは、ホルモンバランスを乱すことにつながってしまうとされています。

そのため、健康的な食生活を送り、身体に正しく栄養が循環することで、女性ホルモンのバランスを整えることができると言えるでしょう。

また、たんぱく質はホルモンを合成する素材になる栄養素であり、大豆製品などに含まれるイソフラボンは女性ホルモンに似た働きをもつと言われています。

良質な睡眠をとる

睡眠不足はホルモンバランスを崩してしまう大きな理由のひとつです。

新陳代謝や女性ホルモンの分泌を促すためにも、良質な睡眠をとるように心がけましょう。

早寝早起きを習慣づけ、寝る前のテレビやパソコン、スマートフォンなどを避けるようにすることで、質の高い睡眠をとることが大切です。

ストレスを発散する

睡眠不足や、極端なダイエットなどもそうですが、身体へのストレスは自律神経やホルモンバランスを崩し、全体的な不調へとつながりやすいのです。

そのため、なるべくストレスを溜め込まない生活を送るようにすることが大切と言えるでしょう。

自分の趣味を見つけることはもちろん、軽めの運動やストレッチなどもおすすめです。

エクササイズやバストアップマッサージの利用もおすすめです

女性ホルモンの分泌を促し、ホルモンバランスを整えるためにはストレスの解消も効果的とご説明しました。

中でも、エクササイズやストレッチなどは軽めの運動にもなるため、健康的にホルモンバランスを整えることにつながるでしょう。

さらに、ストレッチなどで体全体をほぐしてあげることが出来れば、血流も改善し、体内に栄養がより回りやすくなります。

そのため、食生活などの改善によって摂取した栄養をより効率的に体内へ運ぶことが出来るようになるでしょう。

同じような効果を期待できるものとしては、バストアップマッサージなども挙げられます。

バストアップマッサージとは、胸はもちろん、その付近の背中や脇の下などをマッサージすることで血行やリンパの流れを促し、バストアップを図るというものです。

とくに、プロの手によって行われるオールハンドの育乳マッサージであれば、セルフケアで行うものよりも効率的にバストアップへつなげることができるでしょう。

ホルモンバランスの改善と合わせて、エクササイズやバストアップマッサージを行うことで、美しくボリュームのあるバストを手に入れてみましょう。”

(まとめ)胸が小さい理由は女性ホルモンにある?

1.胸の小さい原因が女性ホルモンの乱れにある場合もあります

胸は女性ホルモンの分泌と大きく関係しています。

たとえば、女性ホルモンの分泌量が少なかったりホルモンバランスが乱れていたりすることによって、胸が大きくなりにくくなってしまっている可能性があるとされているのです。

2.胸の成長に期限はありません

胸は女性ホルモンの分泌によって大きく成長します。

女性ホルモンの分泌は基本的に一生終わることがないため、バストアップや育乳のチャンスにタイムリミットはないと言えるでしょう。

3.ホルモンバランスを整えるための生活を心がけましょう

バストアップを考える上ではホルモンバランスを安定させることが大切と言えます。

そのためには、健康的な食生活を送り、良質な睡眠をとることが重要となるでしょう。

また、ストレスの発散も重要な要素のひとつと言えます。

4.エクササイズやバストアップマッサージの利用もおすすめです

エクササイズやバストアップマッサージなどを利用することで、摂取した栄養をより効率的に体内へ運搬することができると言えます。

とくに、プロの手によるマッサージであれば、より効率的にバストアップへつなげることが期待できるでしょう。