胸が小さい原因にストレスが関係している可能性があります


バストの発達には女性ホルモンが重要ですが、ストレスによる影響を受けやすく、それによりホルモンバランスが崩れてしまうこともあります。

ホルモンバランスが崩れると相対的に男性ホルモンの影響が現れやすくなるため、攻撃的な気分になってイライラしたり、肌や髪が荒れたりするほか、バストも育ちにくくなるおそれがあるでしょう。

バストを大きくするためには、ストレスは大敵です。

適度に発散し、日頃からホルモンバランスを整える生活を心がける必要があるでしょう。

ストレスは女性ホルモンの大敵と言われています

バストの発達には、女性ホルモンの存在が大切です。

女性ホルモンにはエストロゲンとプロゲステロンの2種類があり、とくにエストロゲンはバストを発達させたり、肌や髪を綺麗にしたりと、女性らしい体を作るために作用します。

しかし、女性ホルモンは生活習慣の影響を受けやすく、不規則な生活やストレスなどちょっとしたきっかけでホルモンバランスの乱れが起こりやすくなるのです。

私たちはストレスを感じると、体内で抗ストレスホルモンが分泌されます。

この抗ストレスホルモンの分泌が慢性化すると、男性ホルモンが刺激され、その結果ホルモンバランスの乱れが生じるのです。

ホルモンバランスが乱れると男性ホルモンの影響が大きく出やすくなり、イライラして攻撃的な気分になったり、ニキビなどの肌荒れが起こりやすくなったります。

育乳のためには女性ホルモンの活動を促進する必要があるため、男性ホルモンを刺激しないためにも、ストレスは適度に発散するとよいです。

そのためには音楽を聴いたり、アロマを焚いたりするなどといった、自身に合ったリラックスの時間を作りましょう。

ストレス発散のために飲酒をするという方もいるかもしれませんが、大量のアルコールもまたホルモンバランスを乱す原因の一つです。

ほろ酔い程度に楽しく飲むお酒であれば、あまり問題ありませんが、一度に大量に飲むのはむしろ逆効果となるため控えましょう。

運動やマッサージにはストレスを和らげる効果が期待できます


運動をすることにより、自律神経の交感神経が優位になり、思考が前向きになると言われています。

それに加えて全身の血行が促進されることによって女性ホルモンや栄養がバストに行き渡りやすくなり、ふっくらとした形になりやすくなるでしょう。

おすすめしたい運動はウォーキングです。

リズミカルな動きを繰り返すウォーキングにはストレス緩和の効果があると考えられています。

その理由にはセロトニンという物質が関係しており、リズミカルな運動を繰り返すことで刺激され、精神を安定させたり痛みを和らげたりしてくれる働きが期待できるでしょう。

セロトニンは太陽の光を浴びることで増えるため、日が出ているうちにウォーキングを行うことで、より高いストレス緩和効果を得ることができると言われています。

長時間や傾斜の強い道を歩く必要はなく、慣れない内は平坦な道を15分程度歩くだけで十分なため、慣れながら少しずつ距離を伸ばしていきましょう。

また、運動を行う際は、スポーツブラを着用してバストの固定を忘れないようにしましょう。

運動で揺れることにより、バストの脂肪が燃焼されてしまいサイズがダウンしてしまう可能性があります。

また、マッサージにも運動と同様に血行が促進されるため、ストレスを和らげることに効果的だと言われているのです。

とくにバストアップを考えるのであれば、バストを中心に行うマッサージがよいでしょう。

お風呂上りに乳腺を刺激するマッサージを行うことで、バストアップ効果が見込めます。

バストアップ効果をより出したいのであれば、専門サロンで行われる育乳マッサージを試してみてもよいかもしれません。

専門のスタッフによって行われるため、バストアップ効果だけでなく、リラックスすることも期待できるでしょう。

良質な睡眠でストレスを緩和しましょう

睡眠が不足していると、疲労が取れないだけでなく、自律神経やホルモンバランスが乱れやすくなり、ストレスによる影響も出やすくなります。

心身の疲労を回復させるためにも、十分な睡眠は大切なポイントです。

しかし、毎日忙しく過ごす中で、なかなか決まった時間に就寝できなかったり、まとまった睡眠時間を確保できなかったりするという方もいるでしょう。

睡眠はただ取ればよいというものではなく、いかに良質な睡眠を取り、熟睡できたかが重要と言われています。

そのため、良質な睡眠を取ることができると、よく眠れたということになるため、睡眠時間が短くてもすっきり目覚めることができると考えられているのです。

良質な睡眠には血行が重要であり、就寝前に以下のことをすると、血行が良くなり、睡眠の質を高めることができるでしょう。

運動

就寝前にストレッチやヨガなどの軽い運動を行うことで、血行が促進されます。

また、運動にはストレスを緩和する効果も期待できるため、おすすめです。

日中に運動を行っていると、体には必然的に疲労が溜まっているので、夜になるとスムーズに入眠することができるでしょう。

温かい飲み物

快眠ホルモンの原料となる成分を含むホットミルクや、血行促進作用のある温かい麦茶を選ぶとよいです。

コーヒーや紅茶などカフェインの入っている飲み物には覚醒作用が含まれており、スムーズな入眠が妨げられてしまうので、就寝前の摂取は控えましょう。

入浴

40度以下のお湯に、じっくりと15分程度浸かるようにしましょう。

ぬるめのお湯は副交感神経を刺激して、体をリラックス状態になるよう促します。

逆に熱いお湯は交感神経を刺激して気持ちを前向きにしてくれますが、気分が高揚するため、寝つきが悪くなる可能性があるので注意が必要です。

入浴後はバストアップクリームを使用してのバストマッサージをしてみてもよいかもしれません。

バストを大きくするための栄養を流しながら、クリームの香りによるリラックス効果を得ることができるでしょう。

(まとめ)胸が小さいのはストレスが原因?

1.胸が小さい原因にストレスが関係している可能性があります

バストの発達に欠かせない女性ホルモンは、ストレスの影響でホルモンバランスを崩しやすい性質があります。

ストレスは適度に発散し、日頃からホルモンバランスを整えていく必要があるでしょう。

2.ストレスは女性ホルモンの大敵と言われています

バストの発達には女性ホルモンの存在が欠かせませんが、ストレスが原因でホルモンバランスは乱れやすくなります。

自身に合ったリラックスの時間を設け、ストレスはこまめに発散するようにしましょう。

3.運動やマッサージにはストレスを和らげる効果が期待できます

運動やマッサージをすることは自律神経の交感神経が優位になり、ストレス緩和につながると言われています。

運動であればウォーキングなど大きな負担にならないものが、マッサージであればバストアップマッサージがおすすめです。

4.良質な睡眠でストレスを緩和しましょう

睡眠が不足しているとホルモンバランスが乱れやすくなり、ストレスによる影響も出やすくなります。

就寝前に体を温めるための習慣を取り入れることで、睡眠の質を高め、熟睡することができるようになるでしょう。