筋トレで大胸筋を鍛えることで胸が小さい人も美しい胸元を手に入れることが期待できます


胸が小さい人であっても、胸の土台となる大胸筋を鍛えることで、形が整った美しい胸を育てることができると言われています。

そのためには合掌のポーズや壁腕立て伏せなどの筋トレがおすすめです。
筋肉をほぐすマッサージやサロンの育乳マッサージと並行することで美しい胸を目指しましょう。
毎日少しの時間でも筋トレやマッサージを習慣化することで、少しずつ成果は現れやすくなります。

バストアップのために大胸筋を鍛えましょう

胸が小さいことにコンプレックスを抱いている人もいるかもしれません。

そのなかには胸に脂肪がつきにくいという人もいるでしょう。
そのような人は大胸筋を鍛えて筋力をアップさせることで、バストをリフトアップさせるとよいでしょう。

大胸筋は胸を支えるための土台となる筋肉になります。
大胸筋を鍛えることで胸板が厚くなって胸も底上げされる効果が期待できるのです。
またウエストとのメリハリがつくため、見た目にも美しいボディラインになるでしょう。

さらに大胸筋を鍛えることは胸の下垂を防ぐためにも重要です。
大胸筋が衰えてしまえば、胸が支えられず下がってしまい胸が小さく、垂れたように見えてしまうでしょう。
大胸筋は脚や腕の筋肉と違って、日常生活で使われることはあまりないため、意識して鍛えなければ加齢とともに衰えてしまう傾向にあります。

またスマートフォンやパソコンの普及によって姿勢が悪い人も増加しています。
背中を丸めた姿勢は大胸筋が使われないうえ、背中に脂肪がつく原因になるでしょう。

胸が小さい人は育てるために、すでに胸が大きい人も垂れるのを防ぐために大胸筋を鍛えるようにしましょう。

大胸筋を鍛えるための方法はさまざまなものがあります


ダイエットした結果、胸が小さくなってしまったというお悩みは決して珍しくありません。

胸をリフトアップさせるために大胸筋を鍛えるトレーニングを追加しましょう。

合掌のポーズ
  1. ひじを肩まで上げて肘が直角に曲がるようにしましょう。
  2. 両方の手のひらを合わせて押し合うようにします。
  3. 息を吐きながら20秒程度押し合いましょう。

また雑誌や本などをはさんで押しても効果的です。

一見簡単に思えるエクササイズですが、ポイントは力の入れ方です。

腕の力で押し合うのではなく、大胸筋に負荷をかけるようなイメージで行いましょう。

壁腕立て伏せ
  1. 壁から数10センチ離れた位置に立ちます。

    両脚は腰幅程度に開いて、肩の高さで壁に手を付けます。

  2. ひじを曲げながら身体を前傾させましょう。

    このとき腕と体幹、脚で身体を支えながらワキを締めて行いましょう。

  3. 背中が丸くならないように注意しながら壁に胸が一番近づいたところでキープします。
  4. もとに戻すときには体重をひじで支えるイメージでゆっくり壁から身体を離します。

壁腕立て伏せは身体が常に一直線になるようにしながら行いましょう。

二の腕の痩身にも効果的なエクササイズです。

セルフケアだけでなくプロによるマッサージでほぐすことにより胸の形が整うと言われています

胸は位置や形によって見た目の印象は異なってくるでしょう。

胸を美しく整えるために筋トレに加えて、胸をケアするマッサージを取り入れることをおすすめします。

大胸筋をほぐす
  1. クリームを胸全体に塗って滑りを良くします。
  2. 片手を胸の下に添えて、逆側の手で胸の上から円を描くようにぐるぐるとマッサージしましょう。

    筋肉をほぐすようにイメージしてください。

  3. 最後にわきの下に向かって流しましょう。
肋骨ほぐし
  1. 指をそろえて手とは逆側の胸のわき肉を胸に向かって集めます。
  2. もう片方の手をグーにしてバストトップに向かって圧をかけて流していきます。

    肋骨と肋骨の間になる筋肉をほぐすようなイメージでグーっと力を加えましょう。

  3. バストトップまで来たら外して逆側も同様に行います。
胸を寄せる
  1. 手をグーにした状態で、ワキ下からバスト上部、バスト下部の順番に寄せていきます。

    手の第二関節部分を使って圧をかけていくようなイメージです。

  2. 手を大きく開いてから胸を支えて内側に寄せましょう。

    30秒キープしてゆっくり手を離します。

    悪い姿勢や肩こりに影響で筋繊維は引っ張られ、胸のゆがみの原因になります。

セルフケアするとともに、より効果を得たい場合はプロの手を借りてみてもよいでしょう。
背中などについた余分なお肉をバストへと流し、バストアップとともに背中周りもすっきりさせる効果が期待できます。
また胸の形を整えることにも効果的なため、検討してみてはいかがでしょうか。

(まとめ)胸が小さい人も筋トレで胸を美しくできる?

1.筋トレで大胸筋を鍛えることで胸が小さい人も美しい胸元を手に入れることが期待できます

胸を美しく整えるためには、土台となる大胸筋を鍛えましょう。

合掌のポーズや壁腕立て伏せは大胸筋を鍛えるために効果的なエクササイズです。
プロによるマッサージと並行することで理想的な胸元を手に入れましょう。

2.バストアップのために大胸筋を鍛えましょう

大胸筋は土台となって胸を支える筋肉です。

大胸筋が衰えれば、胸が支えられなくなって垂れやすくなってしまいます。
逆に鍛えることで胸は底上げされてボディラインも美しく見えるようになるでしょう。

3.大胸筋を鍛えるための方法はさまざまなものがあります

ダイエットで脂肪を落とすと胸まで痩せてしまうこともあります。

そんなときには大胸筋を鍛える筋トレを取り入れましょう。
合掌のポーズや壁腕立て伏せは大胸筋を鍛えてバストのリフトアップに効果的な筋トレです。
習慣として行うようにおすすめします。

4.セルフケアだけでなくプロによるマッサージでほぐすことで胸の形が整うと言われています

悪い姿勢や肩こりになることで、筋繊維も引っ張られて胸の形も悪くなることがあります。

筋トレと並行して胸の形をケアしましょう。
プロによるハンドマッサージも利用することで、よりバストアップや背中周りをすっきりさせる効果が期待できます。