食べ物が原因で胸が小さいという場合も考えられるでしょう


食べ物によって胸の大きさへ影響するものがあると言われています。
なぜなら必要な栄養素やエネルギーを摂取できていないと、バストの発育に関わる可能性もあるからです。

たとえば筋肉を作るタンパク質や乳腺の発達に関わるイソフラボンなどが挙げられるでしょう。
胸を育てるにはこれらの栄養が含まれた食べ物をバランスよく食べましょう。

また食べ物にこだわるだけでなく、プロの手による育乳マッサージやサロンの利用などを合わせて行うこともおすすめです。

胸を大きくするためにタンパク質や大豆イソフラボン、ビタミン類をバランスよく摂取しましょう

胸の大きさは胸の中の脂肪や乳腺の大きさによって変わると言われています。

バストアップするためには私たちが普段摂っている栄養素にも気を配りましょう。
胸を大きくするための栄養素とはどんなものがあるのでしょうか。

タンパク質

胸を大きくするためには、血や肉を作るタンパク質が欠かせません。

タンパク質が不足すると筋肉が衰えてしまうため、胸の土台となる大胸筋も減ってしまいます。
その結果としてボリュームダウンするだけではなく、胸の下垂の原因にもつながるでしょう。

大豆イソフラボン

大豆イソフラボンは女性ホルモンによく似た働きをする成分で、植物性エストロゲンとも呼ばれています。
この女性ホルモンに似た働きによって乳腺を刺激し、バストに脂肪がつきやすくなると言われているのです。

ビタミンA

ビタミンAは皮膚や粘膜の健康を保ち、ハリや潤いを与えます。

ビタミンB

血行を促すため胸に栄養を届けるためにも必要な栄養です。

ボロン

キャベツなどに含まれるボロンは女性ホルモンの働きをサポートする成分が含まれています。
ボロンは熱に弱いため、できるだけ生の状態で食べるようにしましょう。

鶏もも肉を食べて肌も胸も美しく育てましょう


バストアップによい食べ物はたくさんあります。
その中でも栄養価が高いうえに、いろいろな調理法で食べられるおすすめ食材が鶏肉です。

鶏肉はタンパク質が豊富な食材です。
血や肉の材料となるタンパク質は私たちの身体を作るために欠かすことはできません。

必須アミノ酸が摂取できることも鶏肉を推奨する理由です。
必須アミノ酸を摂取することでホルモンバランスが安定し、体の機能が向上すると言われています。

加えて鶏肉は美容によいとされるコラーゲン豊富な食べ物でもあります。
胸を支えているクーパー靭帯はコラーゲン線維で構成されているため、コラーゲン不足になるとクーパー靭帯が衰え、胸の下垂やボリュームダウンの要因につながるのです。

コラーゲンは鶏肉の皮にたっぷり含まれているため、鶏肉の皮もしっかり食べるようにしましょう。
また鶏肉は部位によって栄養価やカロリーが違います。
鶏肉の中でもタンパク質やコラーゲンがバランスよく含まれているのが、鶏もも肉です。
コラーゲンが多いのは手羽先や手羽元ですが、タンパク質は少なめです。

一方でタンパク質が多い胸肉はコラーゲンが少なめになっています。
上手に組み合わせて鶏肉を摂取するようにしましょう。

胸が小さくなる原因についてプロに客観的に判断してもらいましょう

食べるとバストアップに効果が期待できる食べ物はたくさんあります。
では逆に胸を小さくするような食べ物もあるのでしょうか。

1日に3杯以上のコーヒーを飲む女性はそうでない女性と比べて、約20%も胸が小さいと言われています。
胸が小さい女性の半数以上がコーヒー好きの傾向が強いです。

またアルコールも胸に影響すると言われている食品です。
アルコール飲料には女性ホルモンの分泌を抑制する働きがあるため、バストアップにはあまり良くないと言われています。
適量を楽しく飲む分には問題ありませんが、アルコールの過剰摂取や睡眠の質や時間にも影響を与えることがあります。

睡眠は成長ホルモンや女性ホルモンの分泌を促進するため、胸を大きくするためにも重要な要素です。

胸が小さい原因は人によって違います。
育乳サロンではカウンセリングで胸が小さくなる原因も客観的に探ることができます。

生活習慣や身体の不調などの生活面からみたバストケアについてプロからアドバイスを受けましょう。
また育乳マッサージによって、バストアップだけでなく、背中周りをすっきりさせるなどの効果を期待できます。

(まとめ)食べ物のせいで胸が小さいこともあるの?

1.食べ物が原因で胸が小さいという場合も考えられるでしょう

胸を育てるためにタンパク質とイソフラボンは大切になります。

これらを多く含んだ食材を積極的に食べるようにしましょう。
さらに食生活と合わせて、バストアップを専門に取り扱うサロンを利用することなどもおすすめの方法と言えます。

2.胸を大きくするためにタンパク質や大豆イソフラボン、ビタミン類をバランスよく摂取しましょう

胸を大きくするためには、血や肉の原料となるタンパク質のほか、女性ホルモンに似た働きの大豆イソフラボンを摂取しましょう。

また肌を美しく保つビタミンAや血行を促進するビタミンBなどを、バランスよく食べるとよいでしょう。

3.鶏もも肉を食べて肌も胸も美しく育てましょう

鶏肉はタンパク質や必須アミノ酸を含むため、バストアップにおすすめの食材です。

またコラーゲン豊富なため、胸を支えているクーパー靭帯のためにも心がけて摂取するようにするとよいでしょう。

4.胸が小さくなる原因についてプロに客観的に判断してもらいましょう

胸を育てるためによい食材がある一方で、摂りすぎると胸に良くないとされる食材もあります。

とくにアルコールは女性ホルモンの分泌を妨げて睡眠にも影響を与えるため注意しましょう。
またプロによるカウンセリングで胸が小さくなる原因を探りましょう。