小さい胸であっても運動や生活習慣が原因で垂れてることはあります


小さい胸であっても、激しい運動や合わない下着をつけることでクーパー靭帯や皮膚が伸びきって垂れてしまうことがあります。

垂れないようにするには激しい運動の時は専用のブラジャーを使い、また女性ホルモンのバランスにも気を配りましょう。

寝るときには夜用のブラジャーを使うことで、胸の形を整えるとともに質のよい睡眠がもたらされると言われています。

大きい胸は垂れやすくなる要因が多いものの、小さい胸でも垂れることはあります

一般的に大きい胸は垂れやすいと言われています。

それは胸が大きいと、胸の形を維持しているクーパー靭帯が伸びやすくなるためです。

また胸のサイズが急激に変化することでクーパー靭帯や皮膚が伸びてしまって胸が垂れることがあります。

大きいサイズの胸は揺れやすく、またサイズの変化も起きやすいため垂れやすくなると言われています。

しかし、大きい胸が垂れやすいからと言って胸が小さいと垂れないというわけではありません。

激しい運動で胸を揺らしたり、妊娠出産でサイズが変わったりすれば小さい胸でも垂れることはあります。

将来的にも美しい胸をキープするためには、大きさに関わらず胸を下垂させないためのメンテナンスが必要です。

胸を美しく保つにはマッサージや保湿ケアでメンテナンスするようにしましょう。

育乳マッサージを行っているサロンでは、リンパの流れを整え、潤いを与えることで胸の下垂を防ぐことができると言われています。

胸が大きい人、小さい人それぞれに合ったケアで美しい胸を目指すことができるでしょう。

胸が垂れやすくしてしまう生活習慣もあります


胸が垂れるのは年齢だけの問題ではありません。

ここでは胸が垂れてしまう生活習慣をいくつかご紹介します。

激しい運動

激しい運動によって胸が揺れることでクーパー靭帯と皮膚が伸びてしまうのです。

クーパー靭帯は胸の中を網目のように張り巡らされることで、胸の形を作っています。

ある程度は伸びても元に戻りますが、激しい運動によって揺れてダメージを受けると切れたり元に戻らなくなったりすることがあります。

不規則な生活

乳腺を発達させて胸にハリを与えるのは女性ホルモンの役割です。

しかし、不規則な生活や睡眠不足、栄養バランスの乱れなどを原因としてホルモンバランスが乱れることがあります。

その結果、女性ホルモンの分泌が滞り、胸の垂れにつながるでしょう。

間違ったサイズの下着

女性は1日のほとんどを、下着をつけて生活しています。

ブラジャーのサイズが合わずに締めつける、もしくは余っていると胸の形が崩れて垂れる原因になるでしょう。

また1日中ブラジャーをつけていると胸の位置とブラジャーがずれてしまいます。

するとブラジャーがずれることによる締め付けによって、胸がつぶれて皮膚やクーパー靭帯にダメージを与えてしまいやすくなるのです。

熟睡するには夜用ブラを使うとともに、ハンドマッサージも利用しましょう

普段あまり意識することはありませんが、私たちは1日の間でも多くの時間を寝て過ごしています。

その時の胸のケアについて考えたことはあるでしょうか。

胸のために一番よい寝る時の姿勢は仰向けです。

逆に胸に負担をかける睡眠姿勢はうつぶせ寝です。

うつ伏せになるということは胸が押しつぶされて、当然形も崩れてしまいます。

また仰向けに寝たとしても胸が横に流れてしまうことも考えられるでしょう。

寝るときは夜用のブラジャーをつけるように心がけることがおすすめです。

夜用のブラをつけることで眠りにつくまでの時間が短縮して、さらにより長く熟睡できると言われています。

眠るときに締めつけるのが嫌だからブラジャーをつけないという人もいるでしょうが、締め付け間の少なくて寝返りしやすい夜用のブラジャーは逆に安定した眠りをもたらすとも考えられるでしょう。

質のよい睡眠はバストアップにも重要です。

また、身体のコリや蓄積した疲れが原因で睡眠を妨げることもあります。

たとえば、バストをほぐすマッサージなどで血流を整えることなどは、バストアップだけでなく、良質な睡眠にも効果的でしょう。

(まとめ)胸が小さいのに垂れてるのはどうして?

1.小さい胸であっても運動や生活習慣が原因で垂れてることはあります

激しい運動や合っていないブラジャーを身に着けることで小さい胸であっても垂れてしまうことがあります。

寝る時にも夜用のブラジャーを使って胸をメンテナンスするようにしましょう。

2.大きい胸は垂れやすくなる要因が多いものの、小さい胸でも垂れることはあります

小さい胸であっても激しい運動で揺れたり、出産でサイズが変化したりすることで垂れることがあります。

胸の下垂を防ぐには、プロによるハンドマッサージでリンパの流れを整えることもおすすめです。

早めのケアで胸の下垂を防ぎましょう。

3.胸を垂れやすくしてしまう生活習慣もあります

胸が垂れてしまう原因は生活習慣のちょっとしたクセに隠されている可能性があります。

合っていないブラジャーを身に着けたり、激しい運動を繰り返したりすることで胸の皮膚や組織はダメージを受けてしまうでしょう。

4.熟睡するには夜用ブラを使うとともに、ハンドマッサージも利用しましょう

眠る体制がうつ伏せの場合、寝ることで胸が潰れてダメージを与えてしまいます。

胸の形を整えるためにもうつ伏せは避けて夜用ブラジャーも使いましょう。

また、バストアップマッサージでリラックスすることも、睡眠にとってよい効果を期待できます。