胸が小さい原因の一つとして睡眠不足が挙げられる場合があります


胸の成長には女性ホルモンの働きが欠かせません。

しかし、睡眠不足になることで自律神経のバランスが崩れ女性ホルモンの分泌が進まないことがあります。

胸を育てるためには、ハンドマッサージでコリを取って血流をよくすることも大切です。

また、プロのリンパマッサージを受けることで質のよい睡眠とバストのハリを手に入れましょう。

睡眠不足で女性ホルモンの分泌量が少ないと胸のサイズに影響することがあります

胸のサイズには個人差があり、遺伝の要素が関係していると言われています。

しかし、その影響は実に3割程度であると考えられているのです。

ほかに胸の発育に関係するのは、普段の生活リズムや食生活が挙げられます。

なぜなら、普段の生活によって女性ホルモンの分泌に関係してくるからです。

胸は女性ホルモンの分泌が増えることで大きくなっています。

このホルモンの分泌量には違いがあり、それが胸の大きさの違いにもつながると言われているのです。

女性ホルモンの分泌はストレスや生活習慣の乱れによって阻害されることがあります。

たとえば、過度のダイエットを行うと女性ホルモンの分泌が停滞しやすくなるのです。

さらに生活リズムが崩れることで睡眠不足になることでもホルモンバランスは乱れます。

女性ホルモンは主に思春期に多く分泌されるものとされています。

ですが、成人した後でも女性ホルモンは分泌され続けているため、美しい胸を目指すことが可能なのです。

今からでも睡眠や生活習慣を改善して胸を育てましょう。

バストアップするためには毎日の睡眠を見直しましょう


バストアップするための方法はいろいろあります。

サプリメントやブラジャーを利用するほか、バストアップのための食品もあるでしょう。

その一方、つい見逃してしまうのが睡眠時間です。

女性ホルモンと成長ホルモンは睡眠中に分泌が進むため、質や量は影響を強く受ける傾向にあります。

しかし、睡眠不足になると自律神経のバランスが崩れてしまううえに、寝ているときのホルモン分泌が妨げられてしまうと言われています。

脳やホルモンバランスは非常にデリケートです。

日常生活でのストレスや生活習慣の乱れがダイレクトに反映されてしまうでしょう。

たとえば、寝る前にパソコンやスマートフォンを見続けると、寝つきが悪くなると言われています。

また、お風呂でゆっくりと体を温めてからストレッチなどでリラックスして過ごすようにするとよいです。

このように睡眠時間が短いという人は、生活サイクルを見なおすほか睡眠の質を上げるように心がけましょう。

睡眠中は肌や体が回復するためにも重要な時間です。

バストアップするためにも、まず今の睡眠を見直してみることをおすすめします。

蓄積した疲れやコリにはプロのハンドマッサージもおすすめです

睡眠不足になると、疲れが取れにくくなり全身の倦怠感を覚えるでしょう。

その場合、体の機能が停滞してしまい血行が悪くなったり老廃物がたまりやすくなったりすることが考えられるのです。

すると、バストにも必要な栄養素が行き渡らなくなるため、発育を妨げる可能性もあります。

バストのためにまずは寝具や寝るときの服装を変えてみてもよいかもしれません。

たとえば、比較的手軽に変えやすい枕が挙げられます。

自分に合わない高すぎる枕はあごが上を向いて胸は下がるような形になってしまいます。

また、肩や首が凝ることで血行が悪くなれば胸に必要な栄養も行き渡らなくなってしまうでしょう。

逆に低すぎる枕や小さすぎる枕も頭を置いたときに安定しません。

寝返りの打ちやすい枕を選ぶと質のよい睡眠に役立ちます。

加えて睡眠時にバストに負荷をかけないために、ナイトブラを着用することも胸の形を保つために効果的です。

こうしてしっかりと睡眠時間を取るとともに、バストを中心としたマッサージをすることで予防をしていきましょう。

全身の疲れを癒やすマッサージ店もよいですが、バストアップを目指すのであれば、専門のサロンのバストアップマッサージもおすすめです。

背中のコリをほぐし、リンパの流れを良くするため、全身の血の巡りが活性化され、睡眠にもよい影響が与えられるでしょう。

また、育乳マッサージであるため、背中や二の腕などにたまったお肉を胸へと流すことで、背中周りをすっきりさせさらにバストアップ効果が期待できるのです。

(まとめ)胸が小さいのは睡眠がしっかりとれていないせい?

1.胸が小さい原因の一つとして睡眠不足が挙げられる場合があります

思春期に限らず、バストアップのためには女性ホルモンの分泌がかかせません。

そのため、女性ホルモンの分泌を促進するためにも十分な睡眠時間を確保することが大切と言えるでしょう。

2.睡眠不足で女性ホルモンの分泌量が少ないと胸のサイズに影響することがあります

胸の大きさは遺伝や分泌された女性ホルモンの量などの影響を受けます。

睡眠不足だったり、過度なダイエットや運動をしていたりするとホルモンバランスが崩れてしまうこともあります。

規則正しく健康的な生活習慣を心がけましょう。

3.バストアップするためには毎日の睡眠を見直しましょう

バストアップするためには女性ホルモンの働きが不可欠です。

睡眠不足になると自律神経のバランスが崩れ女性ホルモンの分泌も滞ります。

そのため女性ホルモンと密接に関係している睡眠時間をまずは見直してみましょう。

4.蓄積した疲れやコリにはプロのハンドマッサージもおすすめです

胸を健康的に育てるためには、眠るときに使っている枕やブラジャーにもこだわりましょう。

また、マッサージなどをすることで血行を良くすることも質のよい睡眠に役立ちます。

とくに育乳マッサージはバストアップなどの効果も期待できるためおすすめです。